河出文庫<br> 消滅世界

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

河出文庫
消滅世界

  • ウェブストアに127冊在庫がございます。(2022年05月23日 14時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 283p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309416212
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「セックス」も「家族」も、世界から消える……日本の未来を予言と話題騒然! 芥川賞作家の集大成ともいうべき圧倒的衝撃作。

村田 沙耶香[ムラタ サヤカ]
著・文・その他

内容説明

セックスではなく人工授精で、子どもを産むことが定着した世界。そこでは、夫婦間の性行為は「近親相姦」とタブー視され、「両親が愛し合った末」に生まれた雨音は、母親に嫌悪を抱いていた。清潔な結婚生活を送り、夫以外のヒトやキャラクターと恋愛を重ねる雨音。だがその“正常”な日々は、夫と移住した実験都市・楽園で一変する…日本の未来を予言する傑作長篇。

著者等紹介

村田沙耶香[ムラタサヤカ]
1979年千葉県生まれ。2003年「授乳」で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)を受賞しデビュー。09年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、16年『コンビニ人間』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

590
一応は近未来SFの体裁をとる。ここで問われるのは愛、性、生殖といった人間存在の根幹に関わる命題である。セックスに愛はほんとうに必要か。それはそうありたいと希求する人間の幻想にすぎないのか。生殖は愛とは無縁か。そもそも異性愛は大いなる自己欺瞞にすぎないのか。そうした問いが次々に投げかけられる。そして、小説の構造としては、さらにその外側に生殖をも国家が管理しようとするディストピア社会がひたひたと足元に迫っていることをも警告する。洗脳による「正しい世界」の実現である。「洗脳されてない脳なんてこの世の中に⇒2020/09/20

starbro

362
村田 沙耶香、2作目です。未読の本書が文庫化されて、図書館の新刊コーナーに佇んでいたので、読みました。究極のセックスレス小説、衝撃的でした。性欲が消滅した世界では、食欲、睡眠欲等、様々な欲望が消滅して行くのでしょうか?そうなるとまさにホラーです。芥川賞受賞後、新作が出ていませんが、著者は書けなくなってしまったのでしょうか?【読メエロ部】2018/08/16

absinthe

305
沙耶香様のこれまた凄い小説。ラストも衝撃。確かに現代社会はここに描かれた世界に近づこうとしつつある。読者はひとつの究極の姿を目の当たりにする。かつて神事であった子を授かるという儀式が科学の元にヴェールを暴かれ続け、人間の意識も変わり続けてきた。ディストピアでありユートピア。こういう世界が描けるのはかなりの力量。夫婦の間の清潔感の相違。虫たちと普通に共存していたかつての家屋と異なり、現代の家屋では虫はすべて害悪扱い。この歪んだ清潔は未来を良くも悪くも変えていく。2019/08/23

ケンイチミズバ

209
無菌状態に慣れてしまい体のふれあいを汚いものとして敬遠する世代が主流となった時代。ひ弱で情熱のない生き方が生物としてのヒトの末期を思わせる。生物が生きる目的は遺伝子を残すこと、種の存続にある。人工授精が当たり前の世界にはセックスの喜びもそもそも男女の性別の必要すら薄れている。終始、気持ちの悪いSF世界に苛々した。現在の若者に見られる兆候をデフォルメしたものに違いない。対価のない自己犠牲を疎い自分勝手で自分にイイネしてくれる人だけに囲まれていたい若者が100%主流になった時、こんな世界が訪れるのだろうか。2018/07/19

あきぽん

208
社会学者曰く、現代は「性・恋愛・結婚」の三位一体が崩れつつあるという(もっと昔は結婚とは家と家との繋がりだったので三位一体ではなかったのだが)。村田沙耶香はこのSF小説でこの三位一体を極限にまで解体してみせる。この小説に書かれている世界は有り得ない世界だが、小説世界を形作っている要素はどれも現実に起こっていることで、政治家の言っていることへの皮肉でもある。村田沙耶香を読むのは3冊目だけれど、本当に強烈な作家だ。2018/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12937011

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。