河出文庫<br> なぜ人を殺してはいけないのか?

電子版価格 ¥627
  • 電書あり

河出文庫
なぜ人を殺してはいけないのか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 197p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309409986
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0110

出版社内容情報

14歳の中学生に「なぜ人を殺してはいけないの」と聞かれたら、何と答えますか? 日本を代表する二人の哲学者がこの難問に挑んで徹底討議。対話と論考で火花を散らす。文庫版のための書き下ろし原稿収録。

内容説明

14歳の中学生に「なぜ人を殺してはいけないの」と聞かれたら、あなたは何と答えますか?―日本を代表する二人の哲学者がこの難問に挑んで徹底討議。対話と論考で火花を散らすスリリングな一冊。

目次

第1章 道徳は殺人を止められるか?(自己決定で何でも許されるのか;傷が残らないように ほか)
第2章 きみは人を殺してもよい、だから私はきみを殺してはいけない
第3章 なんで殺ったらいけないのかだって?殺ってもイケルしイケテルのに
第4章 主客逆転の問題からの再考―文庫版によせて
第5章 罪の感触―文庫版によせて

著者等紹介

永井均[ナガイヒトシ]
1951年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得。現在、日本大学文理学部哲学科教授

小泉義之[コイズミヨシユキ]
1954年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程哲学専攻退学。現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mana

27
大学図書館本。「なぜ人を殺してはいけないのか?」という問いを持つ時点で、そういう危険思想や欲のようなものが根底にあるという点や、そもそも問いを持たないことが一番良いという点には納得。哲学者の議論はこういう次元なのかと面白くはあるけども、あまり嚙み合っていないように思えて、飲み込めず…。法律があるからといって、それが抑止力になるわけではないし。「殺人はいけない」という道徳や倫理観も、漂流しているだけの脆いものなのかなと思ってしまった。いろいろ疑問が出てきたが、正直微妙だった。2021/04/25

抹茶モナカ

25
最近、年老いて来た母親に対し、介護の心配から殺意(と言うか、「死ねば良いのに。」という思い)を感じ、読んでみた。哲学者の対談から思索が開始されるが、『人を殺していけないのか?』については答えはないらしく、哲学的な仕方でなく、端的にそういう問いを否定してしまう方が良いような気がした。神戸の児童連続殺人事件後に流行した問いに対する本。2016/10/08

coaf

14
対談の噛み合わなさが見事。双方共に相手が何を言っているのかを理解していない。まったくもって不毛な対話だった。小泉は哲学者ではなく思想家。しかも、殺人を絶対的悪だと端から決めつけている。これじゃあ対話が成り立たないはずである。永井は対談において終始慎重であり、小泉の思い込みを批判していたが、小泉はその批判の意味さえ理解していなかった。よくこんな本を出版できたものだ。この本は永井による第二章第三節の18ページ分だけ読めば充分である。2013/06/30

まりお

12
自殺や不倫、売春、人を殺すこと、死刑といった世間では悪だ、してはいけない事だというイメージを持ち、あまり好んで話題にはしないことについて。作者は何故そうしてはいけないのか、駄目なのかを考察した。「当たり前」を考察すると結構奥が深く、中々答えが出しづらい。読んでいると、共感や疑問、難解さなどが出てきた。そういうものだから、とそっとしておく方が楽だな、と感じてしまった。2016/11/11

おおかみ

11
対談は1998年――酒鬼薔薇事件の翌年に行われたもの。2010年の文庫化にあたって短い論述が加わっているが、その中で秋葉原通り魔事件に言及した部分がある。タイトルの問いは常に提起されてきたのだ。もとより難問であり、本書でも明瞭な解答が示されるわけではないが、自明視された言説をも堂々と疑う議論は確かにスリリングでさすが名立たる哲学者である。ただし対談は半ば不成立であるし晦渋に過ぎるきらいもある。2011/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/309996

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。