河出文庫<br> 天体議会(プラネット・ブルー)

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

河出文庫
天体議会(プラネット・ブルー)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 207p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309404240
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

水蓮との友情。兄との確執。自動人形と噂される謎の少年との不思議な出会い。そして少年たちをのせた船は、南へと出航したのか。兄を想う少年・銅貨をめぐって、星の少年たちの孤独を描いた、長野まゆみの“星の王子さま”―。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジンジャー(C17H26O4)

95
ここ数日、毎夜北西の空を見てはがっかりしている。雨や曇りの日ばかりで星空が見られないから。ネオワイズ彗星、観たいのにな。三等星くらいならなんとか観られそうだけど、これからもう、どんどん暗くなっていってしまう。次回は五千年後…。天体議会を招集して、彗星を少年たちは観るだろう。銅貨も水蓮も少し幼さの残る彼らは、嫉妬心までもが透き通っていて綺麗だ。光る鉱石が彼らの体内にあって淡く発光しているよう。今日も空は雲に覆われているけれど、群青の空、瑞々しく煌いている星々を観たときみたいに澄んだ気持ちになった。2020/07/24

へくとぱすかる

82
1995年発行の2刷。中身は同じだろうがカバーが異なり、ブルーが基調の、単行本カバーと同じイラスト。読もうとした動機はラジオドラマを聞いたためで、原作がどんな作品か知りたかった、というわけ。鉱石ラジオを聞くのが普通であるような日常にありながら、木星に行くロケットが打ち上げられるという、ちょっとアンバランスなノスタルジーに満ちた都市に住む少年たち。鉱石を売る店に出入りし、ペンシルロケットを打ち上げ、意識せずに科学少年である登場人物たち。物語というより、小説の形をした詩、詩情のみで綴られていく物語だと読んだ。2015/07/08

mii22.

63
人口の激減により家族、母の在り方が今とは違った近未来を想像させるSF設定になっているが、全体を包むノスタルジックな色合いは長野作品らしい。思春期の少年たちの友情と好奇心、大人の入り口に立った兄との確執。繊細で悩み多き少年たちの心情が見事に描かれている。夏の終わりから新年を迎える半年間の彼らの成長は確実に大人へと向かっている。彼らが出会った自動人形かもしれない不思議な少年の謎多き言動はそれらすべてを表しているかのように思えた。三日月少年にも登場する「水蓮と銅貨」は私にとって最も心惹かれる少年たちだ。2018/12/18

優希

57
素敵なファンタジーでした。鉱石や星座などのキラキラしたものであふれていて、少年たちの瑞々しさが映えますね。銅貨と睡蓮の日常と幼いけれどドライな友情、年頃の繊細な感情が美しいと感じました。綺麗な文章に愛らしい小物、豊かな風景が心に染み入りました。冷たいけれどあたたかさもある不思議な世界が広がっています。嫌らしさもなく、どこまでも澄み切った少年と世界に癒されました。2014/10/06

ブルちゃん

38
おっとりで水蓮が大好きな銅貨と、活発で気の赴くままのようで、実は銅貨を思う水蓮と。お互いに、嫉妬心を抱く少年達が純粋で可愛い。長野さんの書く、汚れのない少年には本当に惹かれます。カナリ想像力を要する物語だが、入り込むとしばらく出られない世界🥺❤️  2020/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572190

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。