老後資金は貯めるな!―60歳から始めればいい安心のマネー術

個数:

老後資金は貯めるな!―60歳から始めればいい安心のマネー術

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月25日 07時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309287027
  • NDC分類 364.6
  • Cコード C0077

出版社内容情報

年金を普通通りにもらうのは損。受給額を142%に変える究極ワザとは?「不安のない生活」を送るための、最強の老後マネープラン!

長尾 義弘[ナガオ ヨシヒロ]
著・文・その他

内容説明

「老後の資金がありません」というあなたの将来をバラ色にかえる唯一の方法。

目次

prologue 老後資金の常識が変わる!
1 途中で枯れたりしない「人生100年時代」の老後資金とは?
2 起死回生の秘策。貯蓄を使い果たしてしまう!
3 貯蓄がわずかに100万円。いかに年金を増やすか!
4 余裕ありの世帯に死角が。60歳から年金を増やす方法とは?
5 退職金の落とし穴…老後資金が消える危機とは!
Epilogue 人生100年、生きがいを感じながら豊かに暮らす!

著者等紹介

長尾義弘[ナガオヨシヒロ]
ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

22
年金繰り下げ受給がおススメだと2018/12/24

カナン

12
ちょっとまだ先だけど勉強。繰り下げ受給がいいのかな?またその頃に読み返そう。2019/01/29

brawi

5
正月休みの最後に図書館で一気に読んだ本。 貯金たくさんあってもいつか尽きるぞ。それなら一生もらえる年金を増やす方策を取れ。すなわち、1.長く働き続け年金加入期間を増やしかつ生活費にする。2.繰り下げ受給で年金額を増やす。繰り下げ受給するために貯金を70歳まで使っていきそこからはほぼ年金だけで暮らす。3.住宅ローンは早めに繰り上げ返済してしまう。 モデルケースでは高齢になっても貯金がほぼ減ってないのだが本当にこうなるのかなあ?でも基本的なスタンスとしては賛成です。年金制度破綻しない前提でいたほうがいい。2020/01/05

たつ

2
貯金を退職後の生活費にし、受給開始を繰り下げ、受給額を増やすのが良いという指南書2019/08/24

あと

2
繰り下げ受給も知ってたしiDeCoもやってるけど、その発想はありませんでした。まあうちは夫が9歳上だし70歳まで取り崩す貯金も今のところないし退職金も微々たるものだけど、夫が65歳になる時と私が65歳になる時の状況次第では考慮する価値は十分あると感じました。今まで何冊かこの手の本を読みましたが一番ためになりました。2019/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13244925

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。