声優論 アニメを彩る女神たち―島本須美から雨宮天まで

個数:
電子版価格 ¥1,836
  • 電書あり

声優論 アニメを彩る女神たち―島本須美から雨宮天まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月25日 06時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309275604
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0074

内容説明

新たに切り拓かれたアニメ読解の可能性、批評×声優。日本のアニメを代表する女性声優を、声質や演技、キャラクターとの相関関係を切り口に論じる、待望の本格的声優論。

目次

序論―声の現象学から声優論へ
声優史概説
島本須美&日高のり子―八〇年代を象徴する二人の女神、それぞれの三〇年
島津冴子&石原夏織―声に呼ばれるキャラクター、声が喚起するストーリー
林原めぐみ―アブジェクシオン装置としての綾波レイ
宮村優子&雨宮天―ジェリコの壁はいかにして崩れるか?
川上とも子―生と死のあわいから天使の声が現れる
桑島法子―ポストエヴァの時代精神
堀江由衣&田村ゆかり―神話の中の二人
水樹奈々&高山みなみ―歴史に咲いた二輪の花〔ほか〕

著者等紹介

小森健太朗[コモリケンタロウ]
作家。評論家。翻訳家。1965年生まれ。1982年、史上最年少の16歳で乱歩賞の最終候補となる。1994年に『コミケ殺人事件』でデビュー。2010年に『英文学の地下水脈』にて日本推理作家協会賞を受賞した

遊井かなめ[ユウイカナメ]
評論家。編集者。1980年生まれ。2011年に「ノベルゲームのこうしょう」でデビュー

夏葉薫[ナツバカオル]
1980年生。東京大学文学部卒。フリーライター・ゲームシナリオライター

町口哲生[マチグチテツオ]
文芸評論家。大学では現代の社会論、映像・芸術基礎、映像・芸術論を講じている

深水黎一郎[フカミレイイチロウ]
小説家。1963年生まれ。2007年『ウルチモ・トルッコ』(のち『最後のトリック』に改題)でメフィスト賞を受賞しデビュー。11年に「人間の尊厳と800メートル」で第64回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

前代未聞!?日本のアニメを代表する女性声優たちを、声質や演技、キャラクターとの相関関係を切り口に論じる、待望の本格的声優論。

新たに切り拓かれたアニメ読解の可能性
批評×声優
日本のアニメを代表する女性声優を、声質や演技、キャラクターとの相関関係を切り口に論じる、待望の本格的声優論。

序論 声の現象学から声優論へ/小森健太朗
声優史概説/夏葉薫
第1章 島本須美&日高のり子──八〇年代を象徴する二人の女神、それぞれの三〇年/遊井かなめ
第2章 島津冴子&石原夏織──声に呼ばれるキャラクター、声が喚起するストーリー/遊井かなめ
第3章 林原めぐみ──アブジェクシオン装置としての綾波レイ/町口哲生
第4章 宮村優子&雨宮天──ジェリコの壁はいかにして崩れるか?/遊井かなめ
第5章 川上とも子──生と死のあわいから天使の声が現れる/小森健太朗
第6章 桑島法子──ポストエヴァの時代精神/夏葉薫
第7章 堀江由衣&田村ゆかり──神話の中の二人/夏葉薫
第8章 水樹奈々&高山みなみ──歴史に咲いた二輪の花(ツヴアイ・ウイング)/遊井かなめ
第9章 釘宮理恵──釘宮病、発症したら出口なし/町口哲生
第10章 名塚佳織&井口裕香──祈ること、求めること/夏葉薫
第11章 沢城みゆき──その声は、何を指し示すのか?/遊井かなめ
第12章 平野綾──ハイパーボリックなキャラクターと戯れて/町口哲生
第13章 広橋涼&中原麻衣──〈ソラッカボイス〉と〈オタオタボイス〉/小森健太朗
第14章 喜多村英梨──数奇な運命と二つの傑作/夏葉薫
第15章 花澤香菜──三次的な声の文化におけるミューズ/町口哲生
第16章 井上麻里奈──井上麻里奈と〈空気系〉作品群の相性/小森健太朗
第17章 悠木碧──役を作らずして作るの境地/小森健太朗
第18章 阿澄佳奈──聖と魔が交錯するところ/小森健太朗
第19章 スフィア──声優ユニットの謎/夏葉薫
第20章 艦これ声優論──声の宝物庫(シソーラス)としての『艦これ』/深水黎一郎
あとがき 宮村優子論から声優論へ/遊井かなめ

【著者紹介】
作家。評論家。翻訳家。1965年生まれ。東京大学卒。82年史上最年少の16歳で乱歩賞の最終候補となる。94年『コミケ殺人事件』でデビュー。2010年に『英文学の地下水脈』にて日本推理作家協会賞を受賞。