山口冨士夫 天国のひまつぶし

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309274515
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0073

内容説明

ザ・ダイナマイツ、村八分、タンブリングス、ティアドロップス―そこに山口冨士夫がいた!!比類なき速度と熱量で六〇年以降の音楽史を疾駆した全身音楽家を小説家、批評家、関係者たちの言葉が描き出すトリビュートブック!!

目次

第1章 60S~70S(インタヴュー 吉田博―あいつは練習の鬼だった;花村萬月―一九七三・五・五 ほか)
第2章 RECOLLECTIONS(Char―音がその人になって、ギターからというよりその人から出て来る人;鮎川誠&シーナ―ロケッツにとまったエンジェル ほか)
第3章 POST 80S(湯浅学―ただそれだけのこと;若林盛亮―誰のものでもない自分のもの ほか)
第4章 WORKS‐SELECTED DISCOGRAPHY(ザ・ダイナマイツ―サミー前田;村八分―小野島大 ほか)
再録 山口冨士夫インタヴュー

著者等紹介

松村正人[マツムラマサト]
1972年、奄美生まれ。雑誌『Tokion』『STUDIO VOICE』編集長を経て、現在季刊誌『ele‐king』編集長。ロックバンド、湯浅湾のベーシスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

衝撃的な死によってその劇的な生涯を閉じた山口冨士夫。戦後日本でしか生まれ得なかったロック・バンド「村八分」のすべて。