本をつくる 書体設計、活版印刷、手製本―職人が手でつくる谷川俊太郎詩集

個数:
  • ポイントキャンペーン

本をつくる 書体設計、活版印刷、手製本―職人が手でつくる谷川俊太郎詩集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月21日 14時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 226p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309256276
  • NDC分類 022
  • Cコード C0072

出版社内容情報

一篇の詩のために活字が生まれ、組版、活版印刷、手製本を経て本ができあがる。当代一の職人たちによる本づくりの過程を辿った書。

内容説明

谷川俊太郎詩集『私たちの文字』ができるまでの軌跡―。一篇の詩のために書体設計士が文字をつくり、詩人が言葉を紡ぎ、それを組版工が組んで活版印刷し、製本職人が手作業で仕上げる。これは、人の手による本づくりの過程を追いかけた記録である。

目次

谷川俊太郎詩集『私たちの文字』より
序章 本のはじまり(編集会議―二〇一六年十二月七日;最初の面会―二〇一七年二月六日 ほか)
第1章 文字をつくる(墨入れ―二〇一七年八月九日;修整 ほか)
第2章 組版・活版印刷する(本の設計―二〇一八年四月某日;活字か、樹脂版か ほか)
第3章 製本する(資材選び―二〇一八年七月某日;束見本―二〇一八年八月一日 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

34
谷川俊太郎さんの詩集をつくる、詩集というか一遍の詩のための本を作るプロジェクト。プロジェクトと言うか、一つの物語と言ったほうが合っているかもしれない。新たな活字フォントを作ることろから始まり、活版印刷、製本までの一連の流れを、興味深く、かつ楽しく読ませていただいた。それぞれが、お互いに敬意を払いながらも、自分の思いを出しあい、よりいいものへ。その根底には、谷川俊太郎さんという存在が、とてつもなく大きいものがある。まさに、共同作業という成果だ。手に取ってみたい。2020/05/26

はるき

18
 字体を作ることから始まる本づくり。採算とか合理性とか完全に無視。ただただ好きだから作る。こういう話大好きだ。2021/02/09

チェアー

13
一編の詩のために本を作ろうというプロジェクト。そのために新たな書体をつくり、活版印刷の技術で印刷し、手で製本するという贅沢なものだ。職人たちが後に引き継ぎたい最高の技術を駆使したという意味がある。それは紙の本がどうすれば生き残るのかを考えるヒントになると思う。最もすごかったのは鳥海さんの書体づくりだった。手で書くのもすごいし、その後の修正作業もすごい。本はモノなのだなあと改めて思う。2019/03/12

tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。

12
☆5.5 「文字」があって文章が読める、当たり前過ぎて意識していなかった。本書を読み、改めて「文字」について考えさせられた。読書好きと自負する輩ならぜひ手にとってほしい一冊だ。2020/10/17

はぐ

2
本づくりの楽しさが、これでもかというくらい伝わってきます。特に夢中になったのは「文字をつくる」の章。ほんの少しの太さの違いやズレで、がらりと印象が変わる文字の世界に魅了されました。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13487841

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。