人類の祖先はヨーロッパで進化した

電子版価格 ¥2,530
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

人類の祖先はヨーロッパで進化した

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309253701
  • NDC分類 489.9
  • Cコード C0045

出版社内容情報

ヨーロッパからアフリカへ逆戻りして、人類が誕生した! 人類誕生以前の、3000万年にわたる知られざる類人猿の進化を明かす!

デイヴィッド・R・ビガン[ビガン,D R]
著・文・その他

馬場 悠男[ババ ヒサオ]
翻訳

野中 香方子[ノナカ キョウコ]
翻訳

内容説明

ヨーロッパからアフリカへ逆戻りして、人類が誕生した!人類誕生以前の、3000万年にわたる知られざる類人猿の進化を明かす!

目次

序章
第1章 初期の類人猿
第2章 出アフリカ―アフロピテクスとその仲間
第3章 世界に出る―ヨーロッパに広がった類人猿
第4章 故郷へ再び―新しいアフリカ=ヨーロッパ系類人猿
第5章 東と西の大分裂
第6章 イースト・サイド・ストーリー―ヒトの従姉妹であるシヴァピテクスとオランウータン
第7章 ウエスト・サイド・ストーリー―ヨーロッパのアフリカ類人猿
第8章 ドリオピテクスの末裔
第9章 再びアフリカへ

著者等紹介

ビガン,デイヴィッド・R.[ビガン,デイヴィッドR.] [Begun,David R.]
トロント大学の人類学の教授。トロント在住

馬場悠男[ババヒサオ]
国立科学博物館名誉研究員。ヒトと動物における機能形態の比較に基づき、人類の進化や日本人の集団形成史を研究する

野中香方子[ノナカキョウコ]
翻訳家。お茶の水女子大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

43
本書の最初に国立科学博物館名誉研究員の馬場悠男氏による、30頁以上に渡る「日本語版解説」が載っている。それは、本書が定説…常識、つまり人類の祖先はアフリカで進化した…とは違う説を唱える書だからである。本書では、著者は人類の祖先である類人猿はアフリカで誕生し、ヨーロッパで進化し、その後にアフリカに戻ったと主張している。およそ一七〇〇万年前からヨーロッパにすんでいた類人猿が、後の人類の基盤となる特徴を発展させ、一〇〇〇万年前にアフリカに移動し、人類の祖先となったという仮説を提唱している。2019/11/24

あきら

0
証拠の不在と事実の存在2019/05/28

Tetsuji Yamaguchi

0
★★

takao

0
ふむ2018/02/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12142362

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。