植物はそこまで知っている―感覚に満ちた世界に生きる植物たち

個数:
  • ポイントキャンペーン

植物はそこまで知っている―感覚に満ちた世界に生きる植物たち

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年11月27日 16時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309252803
  • NDC分類 471.3
  • Cコード C0045

内容説明

視覚、聴覚、嗅覚、触覚、位置感覚、そして記憶―多くの感覚を駆使して高度な世界に生きる植物たちの知られざる世界。

目次

1章 植物は見ている
2章 植物は匂いを嗅いでいる
3章 植物は接触を感じている
4章 植物は聞いている
5章 植物は位置を感じている
6章 植物は憶えている
エピローグ 植物は知っている

著者等紹介

チャモヴィッツ,ダニエル[チャモヴィッツ,ダニエル] [Chamovitz,Daniel]
テルアヴィヴ大学教授、および同大学マンナ植物バイオ科学センターの所長。アメリカ合衆国ペンシルヴァニア州のアリクイッパで育ち、コロンビア大学を卒業後、エルサレム・ヘブライ大学で遺伝学の博士号を取得。イェール大学とシアトルのフレッド・ハッチンソン癌研究所の客員研究員、世界各地の大学での講師を歴任。シロイヌナズナに、COP9シグナロソーム遺伝子群を発見した功労者。妻と3人の子どもとともに、イスラエルのホッドハシャロンに在住

矢野真千子[ヤノマチコ]
翻訳家。兵庫県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

k5

74
このあいだまで読んでいた傳田光洋さんの本だと、皮膚が五感(正確には味覚以外の四感)を持っているのですが、植物も見て聞いて嗅いで触れられるばかりか、記憶もあるという科学読みもの。傳田さんの本もそうですが、意識の源について考えるとき、脳を中心に考えるより、感覚を中心に語られる方が、文系人としては腹落ちします。2020/10/21

ヘタレ女王再び

44
植物には脳が無いが 仮に擬人化して言えば、植物に見る、聴く、嗅ぐ、などの能力があるのか?を実験した科学者の 実験方法が 興味深かった。キチンと 細かく 沢山のデータを取る 科学者や 感覚的 発想がユニークな人など そちらが楽しめた。 ジミヘン、ツェッペリンからモーツァルトまで あらゆる音楽を聴かせて植物の反応を探る科学者たち。垣間見えるのは 時代と科学者の音楽の嗜好だったりして2017/10/06

どぶねずみ

40
珍しく論文を読んでみた。自分の興味ある分野なら、論文でもとても楽しい。ある農家さんがハウスでクラシックなど流して品質の良いものを育てたりしているが、このような植物の不思議についてしっかり触れているから、楽しく読めたのだろう。植物の遺伝子は人間のそれよりも複雑で、生きていたときに感じたストレスを次の世代(種子)に引き継ぎ、より生きやすい環境を作り出すというのは人間には成せないことだ。とにかくスゴい。2019/09/26

イノ

28
最近植物を不思議に感じるようになって。   植物は光を感じ、匂いを嗅ぎ、触れた事を感じ、コミュニケーションを 取り合って、 脳も無いのに記憶があると聞いて信じられるだろうか?      それを簡単な実験から証明したり、宇宙で確かめたり 言われてみれば納得の結果! 植物も生きている。 但し聴覚だけは確認できない。いろんな音楽を流して ロックが良いとかクラシックが良いとかそれは主観だろw    生物学の本を読んでいると高確率でダーウィンが新たなエピソードを 持ってやってくる。2016/10/08

16
図書館本。人の持つ感覚(視覚・触覚・聴覚・位置感覚・記憶)と植物の持つ感覚を比較した本。外部環境や自分の内部で起こったことなど様々な情報を取り入れて処理する過程などを分かりやすく解説している。人間と植物と、体の中に同じ物質を持っているけどその働きが異なったり、一番根本の部分の処理の方法は同じだったり、一番最初の祖先は共通というのがちょっと頷けた。植物に感情があるとかそういう類の本ではなく、あくまで植物は植物というスタンス。あと、ダーウィン先生偉大すぎ。2017/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6645022

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。