LD(学習障害)の子どもが困っていること―家庭、勉強、友だち、進学…将来の不安を減らす 親子で理解するLDの本

個数:

LD(学習障害)の子どもが困っていること―家庭、勉強、友だち、進学…将来の不安を減らす 親子で理解するLDの本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年08月09日 12時14分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 111p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784309249261
  • NDC分類 378.6
  • Cコード C0047

内容説明

LD(学習障害)の子どもが安心して学習に取り組むためには保護者や学校の先生など周囲の理解と適切なサポートがなによりも必要です!家庭と学校が連携する一冊です!

目次

第1章 発達障害は個性と理解する(発達障害は、どうして起きるの?;発達障害はいつごろからわかるの? ほか)
第2章 LDの基本的な特性“六つの能力の障害”(六つの能力の障害「聞く」ことの障害;六つの能力の障害「話す」ことの障害 ほか)
第3章 LDの子どもが教室で困っていること(国語の授業についていけない;算数の授業についていけない ほか)
第4章 LD―家庭での対応編(基本的にどう接したらいいの?;子どもにLDについて聞かれたら、どう答えればいい? ほか)
第5章 LD―学校での対応編(特別支援教室ってなに?;通級指導教室(通級)について ほか)

著者等紹介

宮尾益知[ミヤオマストモ]
東京生まれ。徳島大学医学部卒業、東京大学医学部小児科、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年にどんぐり発達クリニックを開院。専門は発達行動小児科学、小児精神神経学、神経生理学。発達障害の臨床経験が豊富(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

小学校入学後に目立ち始める「LD(学習障害)」の行動の特徴や対処法などをわかりやすく解説しながら、親子が抱える不安を減らす