世界史の真相は通貨で読み解ける―銀貨、紙幣、電子マネー…は社会をどう変えたか

個数:

世界史の真相は通貨で読み解ける―銀貨、紙幣、電子マネー…は社会をどう変えたか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月24日 21時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309248738
  • NDC分類 209.04
  • Cコード C0020

内容説明

民族、国、権力者、イデオロギーを軸にし視点をヨーロッパに固定した世界史では、歴史のプロセスをトータルに理解することはできない。なぜなら、「通貨」と「経済」が世界変動の土台になっているからだ。社会のありようを大きく変える「通貨」とそのシステムの変化から歴史を読み解けば、「今何が起きているのか」「これから何が起こるのか」がリアルに見えてくる!

目次

4000年前、「お金」を最初に流通させたのは商人だった
面倒なお金から簡単なお金へ!「通貨」を出現させたコイン革命
中華世界の通貨は、なぜ金・銀でなく「安価な銅銭」だったのか
イスラーム世界で発達した「手形」がヨーロッパで「紙幣」になるまで
元はなぜ、ヨーロッパに先駆けて「紙幣帝国」になったのか
16世紀、新大陸の「銀」が旧大陸にもたらした“圧倒的影響”とは
長期の英仏植民地戦争が「国債」と「紙幣」を登場させた
「銀貨」から「紙幣」の時代へと通貨システムを組み替えたイギリス
民間銀行が乱立した新興国のアメリカで、中央銀行ができるまで
二つの世界大戦を経て「ポンド」から「ドル」の時代へ
不換紙幣に馴れた世界は電子マネーでさらに膨らむ
ビット・コインが「通貨」になれない“世界史的”な理由とは

著者等紹介

宮崎正勝[ミヤザキマサカツ]
1942年生まれ。東京教育大学文学部史学科卒。都立三田高校、都立九段高校、筑波大学附属高校教諭、筑波大学講師、北海道教育大学教授などを経て、現在はNHK文化センター等の講師として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

通貨とその仕組みの変化から読みとけば、歴史の必然は腑に落ちる。電子マネーや仮想通貨の誕生がその延長線上にあることもわかる!

宮崎 正勝[ミヤザキマサカツ]
著・文・その他