フランシス・ベーコン 感覚の論理学

個数:
電子版価格 ¥2,860
  • 電書あり

フランシス・ベーコン 感覚の論理学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 244,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309247496
  • NDC分類 723.33
  • Cコード C0010

出版社内容情報

ドゥルーズが美術を論じた唯一の書が新訳で復活。器官なき身体の画家としてのベーコンを論じながら、新たな哲学をつくりあげる名著。

【著者紹介】
1925年パリ生まれの哲学者。1995年、自ら死を選ぶ。スピノザやニーチェの研究を通じ西欧哲学の伝統を継承しつつその批判者となる。主著ーF・ガタリと共著『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』『哲学とは何か』他。

内容説明

「ベーコンはいつも器官なき身体を、身体の強度的現実を描いてきた」「器官なき身体」の画家ベーコンの“図像”に迫りながら「ダイアグラム」と「力」においてドゥルーズの核心を開示する名著。ドゥルーズ唯一の絵画論にして最も重要な芸術論、新訳。

目次

円、舞台
古典絵画と具象との関係についての注釈
闘技
身体、肉そして精神、動物になること
要約的注釈:ベーコンのそれぞれの時期と様相
絵画と感覚
ヒステリー
力を描くこと
カップルと三枚組みの絵
注釈:三枚組みの絵とは何か
絵画、描く前…
図表
アナロジー
それぞれの画家が自分なりの方法で絵画史を要約する
ベーコンの横断
色彩についての注釈
目と手

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

harass

78
ドゥルーズによるフランシス・ベーコン論の新訳。いとうせいこう奥泉光の対談本「小説の聖典」から手に取る。対談本にあった、芸術とはなにかを確認。パウル・クレー曰く「みえるものを描写するのではなく、みえるようにすること」、感じられないものを感じられるようにするのが芸術であると。そのそれぞれの試み、セザンヌ、ゴッホ、そしてベーコンと。紋切り型を脱する彼らを論じるには必然的に難解になってしまう。だが非常に刺激的な本でぜひ購入を考えたいと思った。2017/10/12

やいっち

19
読了。ほとんど理解できなかった。粗暴、狂暴、炸裂する心身。それでいて、にじみ出る詩情。この詩情が醸し出されているがゆえに、野蛮なまでの絵の未熟さ(技術の未熟ではなく、生半可な成熟を拒み続ける、その強靭さに注目している)にもかかわらず、つい見入ってしまう2018/05/26

wadaya

5
ベーコン論ではない。芸術とは何かという問いに「輪郭」を示した本である。僕は今、頭の中の思考を一度捨て去るところからこの文章を書いている。本当はデジタルコードに変換せず、手が自分の意思で動くままに書きたかった。本質を超噛み砕いて書く。細部にこだわると見誤る。芸術は脳の仕事ではないんですよ、と言っている(笑)我々は芸術作品を観て言葉を失う。それがどういうことなのかを言い表した哲学である。僕の言葉で表現すれば、作品に意味など無い。ただ「受容体があるだけ」である。「器官なき身体」を貫いている。歴史的名著だと思う。2017/11/19

🍕

4
イノケンティウス十世の叫びをカオティック・ハードコアのように論じていた2021/02/21

kana0202

2
消化し切れてはいないが、これはすごいことを言っているはず。具象や物語というのはあくまで作られたものであって、それらはありのままではない。神経に直接作用させたいというベーコンの言葉。これが理性でなく、感覚(知覚とどう区別するかが重要なところだ)の領域の出来事だということは確実だろう。そこで重要なのが図像figure。これは人のことではないし、形のことでもないはず。終盤で「図像的な〈イメージ〉」という言葉が出てくるが、図像というのがイメージという漠とした言葉でしか表せないものなのだろう。神経に訴えかけてくる2022/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10228940

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。