「在日特権」の虚構―ネット空間が生み出したヘイト・スピーチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309246383
  • NDC分類 316.81
  • Cコード C0036

出版社内容情報

在特会が主張する「在日特権」とは何か?在特会が主張する「在日特権」とは何か?「レイシストをしばき隊」創設者による言論しばき。

【著者紹介】
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業後、『ミュージック・マガジン』編集部などを経てフリーの編集者となる。2011年4月から渋谷を中心にしたいわゆる「ツイッター・デモ」の実行組織TwitNoNukesのスタッフ、その後金曜官邸前抗議を主催する首都圏反原発連合の立ち上げに参画する。

内容説明

在特会はなぜ生まれたのか?在特会が主張する「在日特権」とは何か?膨大な資料と現地取材によってその虚構性を暴き出す、「レイシストをしばき隊」創設者による言論しばき。

目次

第1章 「在日特権」とは何か
第2章 在特会の成り立ち
第3章 「在日特権」を検証する1 特別永住資格
第4章 「在日特権」を検証する2 年金問題
第5章 「在日特権」を検証する3 通名と生活保護受給率
第6章 住民税減免は「在日特権」か?
第7章 ヘイト・スピーチとしての「在日特権」

著者等紹介

野間易通[ノマヤスミチ]
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業後、『ミュージック・マガジン』『コンポジット』編集部を経てフリーの編集者となる。2013年1月、「レイシストをしばき隊」(現・C.R.A.C.)を結成。新大久保などで行われていた排外デモへのカウンター行動の一翼を担う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。