アナレクタ<br> この日々を歌い交わす―アナレクタ〈2〉

個数:

アナレクタ
この日々を歌い交わす―アナレクタ〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月26日 13時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 211p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309245539
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0010

内容説明

前巻における死と滅亡の徹底的な直視から、藝術と生の絶対的肯定へ。破滅の底の底からなおも響き渡る、俊傑・佐々木中の晴れやかなる朗唱。雑誌等未掲載対談・講演も収録。

目次

小説の言葉、思想の言葉―対談者:保坂和志×佐々木中
日本語ラップという不良音楽―対談者:磯部涼×佐々木中
この日々を歌い交わす
幾冊か選書、何のためでもなく
ところがどっこい旺盛だ。―対談者:古井由吉×佐々木中
敗北する歓び、敗北者たちの歌―対談者:宇多丸×佐々木中
「次の自由」へ向かう―対談者:坂口恭平×佐々木中
歓び、われわれが居ない世界の―“大学の夜”の記録
文学は死なず、革命は生き延びる
ニーチェを搾取し、ビジネス書を売りさばく今の出版界は死すべきか?

著者等紹介

佐々木中[ササキアタル]
1973年青森生。作家、哲学者。東京大学文学部思想文化学科卒業、東京大学大学院人文社会研究系基礎文化研究専攻宗教学宗教史学専門分野博士課程修了。博士(文学)。現在、法政大学非常勤講師。専攻は現代思想、理論宗教学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件