まなざしの地獄―尽きなく生きることの社会学

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

まなざしの地獄―尽きなく生きることの社会学

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年07月25日 19時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 122p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309244587
  • NDC分類 361
  • Cコード C0036

出版社内容情報

日本中を震撼させた連続射殺事件を手がかりに、60~70年代の日本社会の階級構造と、それを支える個人の生の実存的意味を浮き彫りにした名論考を復刊。最近の事件を考える上でも示唆に富む現代社会論必携の書。
解説・大澤真幸

内容説明

あの事件を手がかりに、都市の非条理と社会の実存構造を浮き彫りにした名論考、待望の復活。「新しい望郷の歌」併録。

目次

まなざしの地獄
新しい望郷の歌

著者等紹介

見田宗介[ミタムネスケ]
1937年、東京生まれ。社会学者。東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

クリママ

48
永山則夫事件の考察を軸とする社会学。貧しさのあまり幼くして母親に捨てられた悲惨な状況を経て、東京に出て働く。生活の越えられない差違を知り、自分の誰からも意識されない社会的存在感の希薄さに気づき、それが犯罪へと走らせる。いや、永山則夫や酒鬼薔薇聖斗のような異質な犯罪者は社会環境というよりある確率で出てくるように思われる。例えば、大戦前の一般市民が戦争を待ち望んだり、関東大震災後の朝鮮人に対する攻撃など、多くの人が疑いも抱かず巻き込まれる社会こそ分析の対象になるように思えるのは、全くの素人だからということか。2024/07/03

おか

39
孫がレポート提出するので 参考にしたいから読んで感想をお願いと頼まれ何の予備知識も無く読み始めた社会学の本。読みだして直ぐ あ~読みたくないと思ってしまった(笑)あの連続射殺事件が起きた1960年代の社会情勢。その事件の犯人の考察をしているのだが 私はどう解説されても このNという犯人を許せない。後年彼が書いた 無知の涙 も読んだが 全てを周囲の人間のせいにしていることに怒りと同時に哀しみを感じた。社会学とはある時代を考察して 現代を省みる為の学問だが 現代は当時よりもっと混沌としているように思う2024/05/30

ころこ

37
解説を書いた大澤真幸が『不可能性の時代』で「理想の時代」と「虚構の時代」の結節点として永山則夫にかなり詳細に言及していましたが、そもそも著者の仕事から着想を得ており、本書はその一部ということになります。ノンフィクションの様にもなっており、惹き付けられます。哲学風にいうと、彼は時代精神を代表しているということになるでしょうか。ある調査で60年代に上京してきた若者たちがひとりになりたかったのは、否応なく田舎者性を暴く他者からの「まなざし」に耐えられなかったからであり、皆が持っていたそこから逃れる衝動がたまたま2021/03/26

たばかる

20
1968年の少年N•Nによる連続銃殺事件を社会学的に分析する。貧困の環境と家族•地域の希薄なつながりを振り切って上京してきた少年は、自分を階級闘争の枠組みで見てくる他人の目線を、振り払うことができなかったという。当時の地方出身者への直接調査などのデータ分析を踏まえた論理は、60年代の世相を浮き彫りにする。また、大澤真幸による解説では90年代の連続殺人との対比も行われる。そちらでは他者の目は、自分を捉えないため個人を透明な存在にしているようだ。個人化が進んだ社会で他者の目への向き合い方が問われている。2020/06/04

りょうみや

19
田舎から上京した後に連続殺人を犯した少年について社会学的に考察されている。物語としても読める内容。「まなざし」は服装や学歴など表面的な属性によってレッテル付する都会での人の見方となるだろうか。人物像と事件についての著者の鋭い捉え方と分析から、社会学の考え方の力を改めて思い知らされる。まさに副題の「尽きなく生きる」ために社会学は役に立つ。巻末の大澤真幸氏の長い解説が、分かりやすく本書の内容を補足・拡張してくれている。2019/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579997
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。