倫理―“悪”の意識についての試論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309243016
  • NDC分類 150.4
  • Cコード C0010

内容説明

“不死なるもの”に死すべき者として踏みとどまれ!ジジェクらに大きな影響を与えたフランス哲学界の鬼才・バディウがあらゆる善‐悪をめぐる議論を破砕する思考の炸裂弾、名著ついに翻訳。

目次

第1部 人間は実在するか?(“人間”の死?;人権の倫理的基盤 ほか)
第2部 他者は実在するか?(レヴィナスの意味での倫理;「差異の倫理」 ほか)
第3部 倫理―ニヒリズムの形象(倫理―必然性の従者;倫理―死の「西欧的な」統御 ほか)
第4部 諸真理の倫理(存在、出来事、真理、主体;真理の倫理の形式的定義 ほか)
第5部 “悪”の問題(生、複数の真理“善”;“悪”の実在について ほか)

著者等紹介

長原豊[ナガハラユタカ]
1952年生

松本潤一郎[マツモトジュンイチロウ]
1974年生
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。