よるべない100人のそばに居る。―救護施設ひのたに園とぼく

個数:

よるべない100人のそばに居る。―救護施設ひのたに園とぼく

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 20時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309231365
  • NDC分類 369.2
  • Cコード C0036

内容説明

仕事、お金、身寄り、住む場所…これらを失った時私たちは、どんな風に生きていくのだろう?派遣切りにあった人、依存症の人、記憶喪失の人、障害のある人…“最後のセーフティネット”に飛び込んだ新米生活支援員と、一人ひとりとの出会いの物語。

目次

1 「気づいたら、記憶がなかったの」記憶喪失でやって来た山室さん
2 「ここなら、社会ときちんとつながり直せるかもしれない」僕の目に映った救護施設
3 「“セイカツホゴ”っちゅうの知っとるか?」長くホームレスをしてきた丸山さん
4 「お前どつきまわしたろか!!」あおり運転の常習者だった江島さん
5 「二人で死のっか、って山を登って」自死を寸前で思いとどまった廣瀬さん
6 「パチンコ屋が開くまでや、ここにいるのは」パチプロの山口さん
7 「シヤクショハ、ドーロボウ」日本国籍のないミゲルさん
8 「おとこのこ!やくばのひとがなまえつけてくれはった!」入所番号7番のヤス江さん
9 「まあ、いつまでおってもあれやでなって」退所をめざす藤原さん

著者等紹介

御代田太一[ミヨダタイチ]
1994年、横浜生まれ。東京大学教養学部卒業。在学中に障害のある当事者をゲストに招き、講義を展開する「障害者のリアルに迫る」東大ゼミでの活動をきっかけに、福祉の世界に関心を持つ。卒業後は滋賀県に移り、社会福祉法人グロー(GLOW)が運営する救護施設ひのたに園にて生活支援員として3年間勤務。現在は法人事務局にて法人全体の事業の推進や企画を担い、福祉に関するリトルプレス『潜福』やnote等での発信も続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。