21 Lessons―21世紀の人類のための21の思考

個数:

21 Lessons―21世紀の人類のための21の思考

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年05月18日 05時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 466p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309227887
  • NDC分類 304
  • Cコード C0030

出版社内容情報

『サピエンス全史』『ホモ・デウス』で全世界に衝撃をあたえた新たなる知の巨人による、人類の「現在」を考えるための21の問い。

内容説明

『サピエンス全史』で人類の「過去」を、『ホモ・デウス』で人類の「未来」を描き、世界中の読者に衝撃をあたえたユヴァル・ノア・ハラリ。本書『21 Lessons』では、ついに人類の「現在」に焦点をあてる―。テクノロジーや政治をめぐる難題から、この世界における真実、そして人生の意味まで、われわれが直面している21の重要テーマを取り上げ、正解の見えない今の時代に、どのように思考し行動すべきかを問う。いまや全世界からその発言が注目されている、新たなる知の巨人は、ひとりのサピエンスとして何を考え、何を訴えるのか。すべての現代人必読の21章。

目次

1 テクノロジー面の難題(幻滅―先送りにされた「歴史の終わり」;雇用―あなたが大人になったときには、仕事がないかもしれない;自由―ビッグデータがあなたを見守っている;平等―データを制する者が未来を制する)
2 政治面の難題(コミュニティ―人間には身体がある;文明―世界にはたった一つの文明しかない;宗教―今や神は国家に仕える;移民―文化にも良し悪しがあるかもしれない)
3 絶望と希望(テロ―パニックを起こすな;戦争―人間の愚かさをけっして過小評価してはならない;謙虚さ―あなたは世界の中心ではない;神―神の名をみだりに唱えてはならない;世俗主義―自らの陰の面を認めよ)
4 真実(無知―あなたは自分で思っているほど多くを知らない;正義―私たちの正義感は時代後れかもしれない;ポスト・トゥルース―いつまでも消えないフェイクニュースもある;SF―未来は映画で目にするものとは違う)
5 レジリエンス(教育―変化だけが唯一不変;意味―人生は物語ではない;瞑想―ひたすら観察せよ)

著者等紹介

ハラリ,ユヴァル・ノア[ハラリ,ユヴァルノア] [Harari,Yuval Noah]
歴史学者、哲学者。1976年、イスラエル、ハイファ生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2018年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう。著書は、世界的なベストセラーとなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

292
ようやく読めた。AIから国家、哲学まで色々な範囲に及んでいて著者から得られた知識が多かった。しかし日本人が書いたのかと思うくらい日本に詳しくて驚く。文化差別の話は印象的。人種差別は今や御法度レベルだけど文化差別は難しいな。ある文化圏では非常識と捉えられる話であっても別の文化圏では常識となってることで差別と感じるのは難しい。2020/08/02

starbro

288
『サピエンス全史』、『ホモ・デウス』に続いてユヴァル・ノア・ハラリ、3作目です。21世紀を生きる人類に向けた21のテーマに関する論理的思考、大変興味深く読みました。但し、著者は具体的な提言をしていないので、私が宣言します。①国家や国連の上位組織として世界連邦を新設し、人類の脅威(核兵器、気候変動等)に早期の対応策を実施しましょう。②他宗教に不寛容な一神教を全て禁止しましょう。 http://www.kawade.co.jp/21lessons/2020/02/11

NICKNAME

156
以前にサピエンス、デウスも読み、サピエンスの方は面白く説得力もあり良い本だと思ったが、デウスの方は正直残念といった感じであった。なのでこの本は期待と不安を持って読みだした。最初の方はデウスの続きかと言う感じで読み進めるのがほぼ苦痛に近かった。けれども2/3以降はだんだん引き込まれていく感じであった。最後の方は著者の哲学的思考の基礎が仏教というか本来のブッダの教えにある事が理解できる。そこに著者の謙虚さの理由があるのか。宗教等を盲信する人たちはこの本の内容は受け入れる事は出来ないのではないかと思う。2020/01/31

けんとまん1007

137
圧倒的な文章量、それでいて、わかりやすい文章というのが、まず素晴らしい。しかも、示唆に富んだ思考の内容が、歴史を紐解き、かつ、現状を分析し、未来を想像するという一連の流れで紡がれている。まさに、今の時代の背景や、そこに至る必然性がわかりやすい。これまでは、哲学が必要だと思っていたが、哲学+歴史学が、これから重要になると思う。そのうえで、科学があるのではないだろうかと。2020/06/21

inami

126
◉読書 ★4 2020年も読書でこころを豊かにしよう!・・と思えるような本でした。「的外れな情報であふれ返る世界にあっては、明確さは力だ」と切り出し、「気候変動による生態系の崩壊」「情報テクノロジー(IT)・バイオテクノロジーの革命」と「自由主義の危機」が同時に起こっているのに、多くの人は「仕事や子育て、老親の介護など差し迫った課題を抱えているため、物事をじっくり吟味してみるだけの余裕がない」と。掲げているテーマは広範囲にわたり、どれも興味深い。さすがうれっこ哲学者(歴史学者)うまいこと云うわ、感心しきり2020/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14465969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。