アヒル命名会議

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

アヒル命名会議

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月19日 20時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309208145
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0097

出版社内容情報

人間でいようとするから辛いのよ。早くゾンビになっちゃえば?――新時代の自由を拓く稀代の才能による、13の物語。

内容説明

仕事、友だち、家族、恋人、性別、神様…新時代の自由を拓く稀代のアーティスト初の小説集。

著者等紹介

イラン[イラン]
1986年、韓国・ソウル生まれ。シンガーソングライター、エッセイスト、作家、イラストレーター、映像作家。16歳で高校中退、家出、独立後、イラストレーター、漫画家として仕事を始める。その後、韓国芸術総合学校で映画の演出を専攻。日記代わりに録りためた自作曲が話題となり、歌手デビュー。「神様ごっこ」で2017年韓国大衆音楽賞最優秀フォークソング賞を受賞し、授賞式のスピーチでトロフィーを競売にかけ50万ウォンで売ったことが話題になった。『アヒル命名会議』が初の小説集となる

斎藤真理子[サイトウマリコ]
1960年新潟市生まれ。翻訳家。訳書に、パク・ミンギュ『カステラ』(ヒョン・ジェフンとの共訳、クレイン、第一回日本翻訳大賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヘラジカ

61
韓国人作家によるユーモラスで多彩な短篇集。物語の組み立て方がモロに好み。時間を忘れてとても楽しんだ。韓国文学とは言っても難易度は低めなので一般受けする良短篇集だと思う。インパクト大の『優しい暴力の時代』を先に読んでいたため少し物足りなくはあったが、こちらもブラックな味わいが舌先にちょっとした苦さを残す作品が多かった。収録作のなかでは『セックスとコメディ』が好き。韓国文学は出版される作品が多いけれど、取り敢えず河出書房のを買っておけば間違いない気がする(海外文学全般に言えるかも)。2020/11/26

seacalf

52
読み始めてから知ったが、作者はシンガーソンガーであり漫画家であり、多彩な活動をしている韓国の女性。前半はユニークでポップな話が続くので取っつきやすい。『いち、にの、さん』『手違いゾンビ』『後で来てください』『お前のすべての動きを認知せよ』『センセーショナル・ファッション』『キョンヒ台風』が好き。彼女ならではの瑞々しい感性と現代韓国が垣間見られるのが楽しい。YouTubeで見つけたイ・ランが日本語で歌う『IRA 10th anniversary』が映像共々楽しくほっこりさせてくれて読後感がさらに良くなった。2021/01/24

Odd-i

30
またまた素晴らしき(本年度ベスト、というよりはここ数年でも突出したアルバム!!)新作を発表したばかりの折坂悠太さんの動画を観ていたら、これまたすんばらすぃデュエットを発見いたしました。イ・ランさん、読んでみたかったんです。翻訳も斎藤真理子さんですし。 13の短篇、どれもこれもが性別や国籍とかいったものたちの枠組みに疑問を投げかけ、そこに鋭く斬り込んでいく様がお見事。そこにはユーモアも忘れずにね。巻末の、ノート何十冊分もの物語を紡いでいたというイ・ランさんのお母さんのエッセイ。こちらもグッとくる逸品でした。2021/10/07

ふっかー復活委員長

19
【「誰が見ても気を悪くしない映画よりは、あんたが見て気を悪くする映画でも作りたいもんだ」(P.162)】押し付けの性、上下関係、家族との距離…閉塞感を"皮肉る"短編集。ただ、エスプリで笑いきれないことも、誤魔化さず描かれている気がした▼「名誉アメリカ人ぐらいにはなれる」と豪語するマザコンアラサーとか、爽やかにセクハラしてくる映画業界の大物とか、存在が攻めてる(←褒めてない。でも筆者の人物造形はキレが凄い)。2021/04/01

ズー

18
好きすぎた。作家の言葉から訳者の言葉全部ひっくるめて、ここまで面白くて好きと思った本は初めてかも。「手違いゾンビ」は前にも他の本で読んだことがあって、出だしのコミカルな感じから、ラストが印象的で記憶に残っていたんだけど、こんなポップでスパイシーな話を書く人だったとは!やー一気にファンになりましたよ🥰2020/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16856611

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。