セロトニン

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

セロトニン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 23時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309207810
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

出版社内容情報

巨大生化学メーカーを退職した若い男が、遺伝子組換えや、過去の女性たちへの呪詛や悔恨を織り交ぜて語る現代社会への深い絶望。

内容説明

巨大化企業モンサントを退社し、農業関係の仕事に携わる46歳のフロランは、恋人の日本人女性ユズの秘密をきっかけに“蒸発者”となる。ヒッチコックのヒロインのような女優クレール、図抜けて敏捷な知性の持ち主ケイト、パリ日本文化会館でアートの仕事をするユズ、褐色の目で優しくぼくを見つめたカミーユ…過去に愛した女性の記憶と呪詛を交えて描かれる、現代社会の矛盾と絶望。

著者等紹介

ウエルベック,ミシェル[ウエルベック,ミシェル] [Houellebecq,Michel]
1958年生まれ。1998年、長篇『素粒子』が大ベストセラーとなり、世界各国で翻訳・映画化される。現代社会における自由の幻想への痛烈な批判と、欲望と現実の間で引き裂かれる人間の矛盾を真正面から描きつづける現代ヨーロッパを代表する作家。小説に『地図と領土』(10、ゴンクール賞受賞)など

関口涼子[セキグチリョウコ]
1970年生まれ。詩人・翻訳家。日本の小説・コミックのフランス語訳も数多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

198
ミシェル・ウエルベック、先日の『H・P・ラヴクラフト:世界と人生に抗って』に続いて、3作目です。前2作と打って変わって、快楽主義的性遍歴冒険引きこもり小説でした。セロトニンの影響下で書かれたのかも知れません。【読メエロ部】2019/11/08

藤月はな(灯れ松明の火)

104
何をしているのか、分からない男、フロラン46歳。親からの遺産を食い潰しながらも抗鬱剤の副作用で勃起不全になった男。しかし、不能になったとしてもこの男は性欲から解放されない。若い女の子を見ると如何にスマートにお持ち帰りできるかを考え、昔の恋人の卑猥な写真を何度も見たり、壁に貼り付ける姿は私からは気持ちが悪い男としか思えない。露骨な同性愛者差別や女性への侮りに顔を顰める一方、堂々巡りの知識に縋るしかない空虚な虚栄心と関係者にもなれない閉塞感に思い当たるものがあったりしてドキリ。フランスに「蒸発」があるなんて!2019/12/06

どんぐり

91
現代人に不足しがちなセロトニン。ウエルベックの猥雑な小説に、「欲望の暴走」を制御するセロトニンをタイトルに表しているのが興味深い。主人公は、裕福な独身男で抗うつ剤の常用で性欲を失った46歳のフロラン=クロード・ラブルスト。職業生活に深く失望し、恋愛の面にも失望し、自分を殺しつつある有毒な関係から自己を解放するには、この世から蒸発するしかないと決意する。その最後を迎えるにあたって、過去に愛してくれた人(女性)たちに会うことを思い立つ。これがこの物語の中心。主人公がクソみたいな現代社会を嫌っていることはわかる2019/11/06

harass

90
贔屓作家の新作。蒸発ならぬ引きこもりを実行する中年の主人公は自身の過去を回想する。学生時代の友人を頼りに会いにいくのだが…… 寂寥感と諦観の入り混じった詩的な印象は、いつもの著者。露悪的な率直さにいろいろドギマギもするが共感してしまう。農業大国フランスの農業問題の言及などいろいろ興味深い。やはりというか、この著者の物言いは面白い。自分が主人公と年齢などが似ているせいもあり、読んでいて身につまされたり突っ込んだり。おすすめ。ファンなら必読。2019/11/09

やいっち

81
本作では主に廃れ行く農業(伝統的な農家)を背景に置いている。主人公は10年は暮らせるほどの資産を持つ。公的な仕事に携わっている。押し寄せる大資本農業の手助け(手先)を心ならずも果たしている。親友が先の見込みのない農業を営み、行き詰まっていくのを手をこまねいて見ている……どころか、自分も片棒を担いでいる。農家たちがついにストライキを構える。(続く)2019/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14326212

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。