邪眼―うまくいかない愛をめぐる4つの中篇

個数:
電子版価格 ¥2,160
  • 電書あり

邪眼―うまくいかない愛をめぐる4つの中篇

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月18日 13時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309206998
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

死ね、死ね、マイ・ダーリン、死ね。死と暴力、初恋と悪夢、身勝手な殺人、抑圧された記憶…ノーベル文学賞有力候補にして、アメリカ・ゴシック・サスペンスの女王、ジョイス・キャロル・オーツによる、怪しいたくらみに満ちた自選中篇小説集。

著者等紹介

オーツ,ジョイス・キャロル[オーツ,ジョイスキャロル] [Oates,Joyce Carol]
1938年アメリカ・ニューヨーク州生まれ。大学卒業後、1963年に短篇集『北門のかたわらで』でデビュー。長篇『かれら』で全米図書賞を受賞したほか、ミステリー、ホラー、ファンタジー、ノンフィクション、児童書など、ジャンルを超えて多くの作品を発表している。近年はノーベル文学賞候補として名前が挙がる。とくに、現代アメリカ文学随一の短篇の名手として知られ、多くの短篇集のほか、さまざまなアンソロジーに作品が収録されている

栩木玲子[トチギレイコ]
1960年生まれ。法政大学教授。専門はアメリカ文学・文化研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

著名な舞台芸術家と結婚した女性の元を、最初の妻と姪が訪れる。先妻の失われた眼は何を意味するのか。ダークな想像力による中篇集。

【著者紹介】
1938年生まれ。アメリカを代表する作家でノーベル賞候補にも挙がる。『かれら』(68、全米図書賞)、『ブラック・ウォーター』(92)、『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』(2011)など。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件