彼女が言わなかったすべてのこと

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

彼女が言わなかったすべてのこと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309031095
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

小林波間、32歳、先日偶然再会した大学の同級生中川くんと、どうやら別の東京を生きている。向こうの世界では世界規模の感染症が広がり??NEW桜庭ワールドに魅了される傑作長編!

著者情報
1971年島根県生まれ。99年、ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。2007年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。著書『少女を埋める』他多数

内容説明

誰も“透明な存在”になんかさせない。“幸せそうな若い女”を狙って刺され、SNSから消えた優里亜。向こうの世界にはいない、ラジオでリスナー投稿を読んでくれる大人気の歌手・恋恋。闘病ブログにきなくさい書籍化の話がきた友人の深南。こっちの世界の中川君が漫画で描く、同性愛で売り出されたアイドルデュオ。向こうの私はロンドンに住んでいて、こっちの私は―彼女たちが選んだ沈黙と言葉とは?新たなる桜庭文学が始まる。

著者等紹介

桜庭一樹[サクラバカズキ]
島根県生まれ。99年、ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。2007年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞受賞。08年『私の男』で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

204
桜庭 一樹は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 本書は、厭な物(新型コロナウィルス、ウクライナ侵攻、癌、通り魔等)全てをパラレルワールドに押し込んじゃえ小説でした。 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309031095/2023/06/12

パトラッシュ

162
桜庭さんがパラレルワールド設定の小説とは意外だが、コロナのない世界からある世界を眺めると、現在から過去3年間を見ているような気分になる。毎日、何人が感染し世界中でいくら死んだなどという話を聞かされ続け、仕事や学業もリモートになるなど日常を奪われた日々は遠い悪夢か。しかも双方の世界は一本のLINEでのみつながり、言語コミュニケーションの不毛性を象徴するかのようだ。同じ人間が別の仕事をしているかと思えば元首相暗殺事件はコロナなき世界だけで起こる。サルトルやベケットの不条理演劇を、コロナを通じて観ているようだ。2023/09/10

のぶ

105
桜庭さんらしい面白いが、わからない部分も多いパラレル小説だった。ある日主人公、三十二歳の小林波間は、通り魔事件が発生して混乱する路上で芸大時代の友人、中川くんと再会する。その場で LINE のIDを交換して後日待ち合わせをするが、なぜか会えない。どうやら波間と中川くんは別々の東京を生きており、あの日会えたのは偶然だったようだ。二人を繫げるのは LINE だけだった。加えて波間は胸に悪性腫瘍が見つかり、手術前に腫瘍を小さくするための治療を受けている最中だった。最近の世相を取り入れた不思議な世界の物語だった。2023/06/13

たいぱぱ

74
登場人物の名前が波間や甍なのは桜庭さんらしいが、後は全く桜庭的退廃感がなくライトな印象。なのに、なのに、心の叫びが聞こえてきて、凄ぇ!と思った。レッチリがアルバム『I’m With You』を出した時の様に全然レッチリじゃないのに、これはこれで傑作だ!と思った感じと似てる。自分の意見は、社会に合わせてる?と自問自答することもあるし、自分の正義を振り回し人を弾劾する人々に憤慨する気持ちもわかる。『少女を埋める』の一連の騒動が、この桜庭一樹の叫びのような作品を産んだのかもしれないと思うと複雑な気分だ。2023/08/09

まあか

62
丁度、西加奈子さん「くもをさがす」を読んだ後。フィクションとノンフィクションの違いはあれど、内容が重なる部分もあり、興味深かったです。自分が病気になったことって、なかなか人には話しづらい。でも、健康に過ごす人たちに混ざって、治療中の人や、今は症状が落ち着いていても再発の可能性を孕んで生活している人たちがいる。人によって、それぞれの状況は違い、すべての人を慮ると、何も言えずに、口をつぐむ。センシティブな内容であり、うまく表現しづらい、微妙な感情を、絶妙な言葉選びで表出している。伝わってくるものがありました。2023/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21006660
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。