赤江瀑の世界―花の呪縛を修羅と舞い

個数:

赤江瀑の世界―花の呪縛を修羅と舞い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309028958
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

出版社内容情報

鬼才・赤江瀑の単行本未収録小説、長谷川敬名義の詩、作品ガイドなどを収録し、その蠱惑的な世界の全貌に迫る。永久保存版読本。

内容説明

「獣林寺妖変」「禽獣の門」「花夜叉殺し」「オイディプスの刃」…数多の伝説的な名品を生んだ蟲惑の鬼才、復活。凄絶な情念と、絢爛たる魔性の美学。単行本未収録小説・エッセイ・詩、作品ガイドなどを収録し、赤江魔界へといざなう決定版読本。

目次

1 赤江瀑傑作選(小説 花曝れ首 人形=辻村寿三郎(写真=高木素生)
小説 花帰りマックラ村
小説 歌のわかれ イラスト=佳嶋 ほか)
2 赤江瀑の蟲惑(畏怖と感謝と(恩田陸)
赤江瀑に導かれて(近藤史恵)
綺羅の海峡と青の本(山尾悠子) ほか)
3 赤江瀑迷宮(論考 俗世から幻想領へ―赤江瀑作品の受容史(千街晶之)
論考 妖美の一季節―赤江瀑と中井英夫(東雅夫)
作品ガイド 赤江瀑への十五の扉 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

60
赤江瀑による小説や随筆、同業者や関係者の思い出や影響、そして作品ガイドとまさに赤江瀑の世界を紹介する手引書に相応しい出来となっている。赤江瀑は最初に「海贄考」を読んで仰天し、その後『海峡──この水の無明の真秀ろば』を読んで以来後を追っているのだが、こういう形でガイドされるとどれも読みたくなり堪らなくなる。ほぼ絶版なのが惜しまれるなあ。特に収録されている二作品「花曝れ首」と「破片B  阿片のように匂やかに」は著者の世界観が端的に示されているので、今から著者の世界に触れる人は是非読んでもらいたいと思った。2020/11/24

ハルト

13
読了:◎ 赤江瀑の魔に引き寄せられたかのような世界。そんな彼の世界に魅せられ幻惑された各々著名人たちが、赤江瀑について語るファンブック。作品ガイドとしても優秀で、作品キーワードに全作品リストが載っており、これから赤江に耽溺しようとしている人間にとっては、指針ともなり、とてもありがたい本でもある。一度捕らわれたら逃れられない赤江の世界においでやす、と誘われる一冊。2021/02/17

宙太郎

4
ずいぶん昔,まるで中毒したかのように氏の文庫本を読み漁ったことを思い出した。氏でなくては決して書きえなかった美しく,妖しく,おぞましい作品群。もう一度読み直してみたい。2021/09/15

冬薔薇

4
久しぶりの赤江瀑の世界、ここから幻想と妖美、皆川、山尾他の作家に広がっていった読書。当時一度はまったら次々と本を探したものだった。ブックオフからネットの古書店、魅入られ買っていた。浅井仁志氏のページはいろいろ知ることができて良かった。ベストは決められないが、「花曝れ首」は特別、いつ読んでも何回読んでも名作。2020/08/07

三谷銀屋

4
赤江瀑の短編、随筆、「長谷川敬」名義の詩と、赤江瀑と親交のあった人々の論考や作品評など。私は十代の頃に「猟奇文学館」に掲載されていた「女形の橋」に強烈な衝撃を受け、赤江作品を何作か読んだ記憶がある。赤江瀑に憧れた作家達の対談やエッセイを読むと十代の時に赤江瀑の妖美の世界に傾倒したという人も多かった。やはり、自分が何者か分からずに惑う思春期にこそ、赤江瀑の描く怪しく絢爛な世界に感応しやすいのかもしれない。短編小説「花曝れ首」を読み、哀しく苦しく怖く美しいこの世界観は、やはり唯一無二の世界なのだと納得した。2020/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15922342

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。