町の形見

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

町の形見

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 19時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309027593
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

20年の時を超え「青春五月党」が再始動。新作戯曲「町の形見」に加え、福島が舞台の「静物画2011」「窓の外の結婚式」を収録。

柳 美里[ユウ ミリ]
著・文・その他

内容説明

青春五月党、復活。24年ぶりの最新戯曲。ふたば未来学園演劇部出演「静物画2018」と朗読劇「窓の外の結婚式」併録。

著者等紹介

柳美里[ユウミリ]
1968年生まれ。高校中退後、東由多賀率いる「東京キッドブラザース」に入団。役者、演出助手を経て、87年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。93年『魚の祭』で岸田國士戯曲賞を最年少で受賞。97年『家族シネマ』で芥川賞を受賞。著書に『フルハウス』(泉鏡花文学賞、野間文芸新人賞)、『ゴールドラッシュ』(木山捷平文学賞)他多数。2018年4月、福島県南相馬市小高区に本屋「フルハウス」をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

139
柳 美里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。小説かと思いきや、福島を舞台とした戯曲集でした。やはり文章で読むよりも、舞台で観たい気がします。2018/12/28

aloha0307

24
美里さんの震災をテーマにした戯曲集でした。演劇を創作している若い役者たちが被災者に体験を聞く、そんな構成です。登場する被災者役は実在の被災者(おじいちゃん&おばあちゃん)。役者たちに自らの人生来し方を語り(それまででも壮絶な人生です)、そして3月11日とその後の日々を訥々と...すると、その戯曲舞台は、台詞なのか被災者の真の内面なのか、また若い俳優たち(被災者の過去遥かを演じる)の反応も演技なのか、本音なのかわからなくなってきます~それだけに臨場感さらに↑です。2019/02/02

minazuki

17
東日本大震災後福島に移り住んだ柳さんが、地元の人たちと上演した芝居の戯曲と挨拶文。演劇にうとい私には、戯曲というのはわかりにくいのだが、柳さんがここでやろうとしたことは、わかるような気がする。避難生活の中で沈黙を通している人たち。「沈黙の中から感情を救い出し、言葉を揺り起こすことができるのは、自分自身の声しかないのではないかー」芝居を共に作る過程で、彼らは「声を発することによって、自分を解き放った」そうして出来上がった芝居の戯曲集である。2019/02/17

sk

4
震災文学。とても切なく心揺さぶられた。2021/01/03

r

1
様々な過去や未来を包括した今を、今ここで経験することができるのが、演劇なのである。2019/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13208324

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。