日航123便墜落 遺物は真相を語る

個数:
電子版価格 ¥1,815
  • 電書あり

日航123便墜落 遺物は真相を語る

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年09月25日 06時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 194p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309027111
  • NDC分類 687.7
  • Cコード C0036

出版社内容情報

情報量と分析力でいま最も信頼の置ける著者が、遺物の化学分析などに基づき事故現場の状況を分析し真相にさらに近づく最新書下し。

青山 透子[アオヤマ トウコ]
著・文・その他

内容説明

あの事故の背景に何があったのか―ミサイル開発、追尾するファントム機、赤い物体、機長の制服の行方…御巣鷹の尾根で、遺体は何を訴えていたのか、さらに遺物の化学分析から何が見えてくるのか。徹底的な調査でさらに事態の真相に迫る、告発のノンフィクション第三弾。

目次

第1章 この墜落は何を物語るのか―国産ミサイル開発の最中の墜落(上野村の桜の下で;墜落直前まで国産ミサイル開発本格推進 ほか)
第2章 焼死体が訴えていることは何か―乗客乗員全員分の未公開資料から(火災現場での違和感;炭化遺体と格闘した医師たちの証言 ほか)
第3章 遺物調査からわかったことは何か―機体の声が聴こえる(尾根からの証拠物;遺物の分析結果 ほか)
第4章 証拠物と証言が訴えていることは何か―未来の在り様を考える(過去最高の売上を記録したボーイング社;次々に出てくる赤い物体の目撃情報 ほか)

著者等紹介

青山透子[アオヤマトウコ]
ノンフィクション作家。東京大学大学院博士課程修了、博士号取得。日本航空国際線客室乗務員として国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。その後、官公庁、各種企業、大学等で人材教育に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

とくけんちょ

58
前作の供述から、今作は証拠品での立証へシフトした。真実を明らかにしようとする熱量は凄まじい。事実の認定は証拠による。間接証拠による事実の推認にまではこぎつけた。後は直接か。しかし、ここまで来れば、なかったことの証明をしようにも、それは悪魔の証明になるのでは。たとえ直接証拠によっても。2020/07/26

AICHAN

51
図書館本。日航123便の墜落現場である御巣鷹山では墜落直後から自衛隊が降下して何かをしていた。山頂付近で自衛隊ヘリから隊員が降下して何かやっているのを目撃した人がいる。一部の遺体は「二度焼きしたみいだ」と医師が言ったほど完全に炭化していた。そこまで炭化させるには火炎放射器で焼いたのではないかと著者は推測する。実際、炭化した遺物(123便の機体の一部)を科学的に分析したところ、機体には含まれないベンゼンと硫黄が検出された。これらはガソリンとゴムに含まれるもので、火炎放射器の燃料と一致する。↓2021/04/01

カープ坊や

19
2018年ノンフィクション本大賞ノミネート作品「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」の続編。 作者の調査による結論は日航機の墜落は自衛隊のミサイルの誤射によるもので 証拠隠滅のため火炎放射器で犠牲者を焼き払ったのではないか?との事だと思う。 前作と今作を読み 目撃証言、炭化した遺体など証拠状況からは作者の主張も理解出来るが 故に真相は永遠に闇の中であろうと思う。2018/09/23

Lara

16
前著「日航123便墜落の新事実」はとてもショックでした。まさか本件が「事故」でなく「事件」だと理解しうる証拠、事象が沢山示されました。本著は、「遺体の炭化」が中心で、何故にそういう発想にいたったのか、調査経緯を含めて、真実追求のための、著者の執拗な探求心が核心に迫ろうとします。ここまで調べ上げられた、著者の努力に敬意を表します。2018/11/18

九曜紋

14
「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」の続刊。事故ではなく事件であると主張する著者が機体の残骸の化学的分析を加えながら論証していく。著者の妄想、と切って捨てるのは簡単だが、それを阻む何かが本書にはある。 2019/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12939070

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。