ヒッキー・カンクーントルネード

個数:

ヒッキー・カンクーントルネード

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月13日 06時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 172p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309023045
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

プロレスラーを夢見るひきこもりの登美男。ある日、案じた母がカウンセラーを連れてきて……向田賞・岸田賞受賞の才能による初小説!

内容説明

プロレスラーに憧れているひきこもりの登美男は、妹だけが唯一の理解者。ある日。登美男の将来を案じた母が、ひきこもりを治す“出張お兄さん”なるカウンセラーの青年を家に連れてくるのだが…。果たして、登美男は外に出ることができるのか?そして、なぜ人は外に出たほうがいいのか?

著者等紹介

岩井秀人[イワイヒデト]
1974年、東京都生まれ。劇団ハイバイ主宰。脚本・演出・俳優として数多くの舞台作品に携わる傍ら、テレビや映画など映像の分野でも活躍中。2012年、初の本格的なテレビドラマ脚本「生むと生まれるそれからのこと」で、第三〇回向田邦子賞受賞、翌年、劇団公演「ある女」にて、初ノミネートながら第五七回岸田國士戯曲賞受賞。『ヒッキー・カンクーントルネード』が初の小説となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keith

17
プロレス好きのひきこもり男の登美男。母がひきこもりを治す出張お兄さんを家に連れてくるところから始まる騒動。コメディかなと思いましたが、そういう訳でもなく、なんかビミョーな読後感だけが残りました。2017/09/21

こうちゃ

9
プロレスラーに憧れている、ひきこもり歴10年の登美男。彼の唯一の理解者は高校生の妹。ある日、登美男の将来を案じた母が、ひきこもりを治すカウンセラーの”出張お兄さん”を家に連れてくるのだが、彼の正体は・・。果たして、登美男は外に出ることができるのか?自身もひきこもり経験を持ち、劇作家、演出家、俳優である岩井氏の初の小説。私は西加奈子さんの作品と相性が良くない→この本は西加奈子さんの推薦本→西加奈子さんの作風に似ている気がするこの本とも相性が良くないという三段論法が成立。2014/08/24

Ted Win

3
そこいらじゅうに存在している家族という名の泥沼、自我という地獄を詳細に記載するとこうなるっていう笑えないのに可笑しい話でした。圭一と黒木さんみたいなキャラクター投入で物語をグイッとドライブさせる手腕はさすが。最後は読者に投げるのもいい。2016/04/23

法水

3
ハイバイの主宰・岩井秀人さんによる初の小説作品。旗揚げ公演以来、幾度となく再演している同名戯曲が基になっていて、プロレスラーを夢見ながらも10年間、引きこもっている登美男が主人公。岩井さん自身にも引きこもりの経験があるのだけど、電車の中での登美男の描写なんかはもう居たたまれなくなってくる。妹の存在に救われる部分が多々あり、きっとこの妹がいれば大丈夫という気がする。母親はどうしても小熊ヒデジさんを思い浮かべながら読んでしまうなぁ。2014/11/03

へへろ~本舗

3
残念ながら共感を持てる登場人物が一人もいなかった。もうちょっと明るくてスッキリする終わり方の話だと思って読み始めたのが、敗因。2014/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8140452

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。