Back 2 Back

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 128p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309020891
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

15年ぶりに小説の筆をとったいとうせいこうと、彗星のごとく現れた俊才、佐々木中が東日本大震災を前に想像/創造した新たなる文学。2011年3月のあの時から綴られた奇跡の即興小説。

著者等紹介

いとうせいこう[イトウセイコウ]
1961年東京都生。早稲田大学法学部卒業。1988年『ノーライフキング』で作家デビュー。1999年『ボタニカル・ライフ』で講談社エッセイ賞を受賞

佐々木中[ササキアタル]
1973年青森県生。東京大学文学部卒業、同博士課程修了、博士(文学)。2010年『切りとれ、あの祈る手を』で一般読者の投票による「紀伊國屋じんぶん大賞2010」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sora

18
二人の即興話。「対話」がすごく印象的でした。 一話一話が味わいがあって、しっとりと読めました2014/01/29

ハチアカデミー

6
B+ 二人の書き手による連作短編集。連句のように、前の物語や事物を引き継ぎ、書き進めているため、なかなか試みとして面白い。佐々木中は相変わらず、独特の文体で楽しませてくれたが、今回はいとうせいこうという他者の存在を前提に書いているため、ピントが絞り込まれていて読みやすい。一方のいとうせいこうは、純文学を強く意識しながらも、肩肘をはらず、しっかりと物語を形作っている。この一冊に関しては、中氏がコンセプトを作り、いとう氏が物語を作ったという印象。他者をめぐる4と5の連作が一番好み。いとう氏の力量を再確認できた2012/03/18

Kamogawawalker

4
震災後二週間あまりから始められた、二人による即興小説。 虚空に向けて放たれた言葉が、そのまま祈りとなっているような一冊です。 生きて在る、ことは、過去現在未来が、それでも繋がっているし、いくのだと信じることかもしれません。 「続けよう、続けることができるなら。」 私たちの日常はそのようにあるのだということを、あらためて感じました。2013/06/08

くさてる

3
二人の著者による連作短編集。個人的には圧倒的に佐々木中の文章に耽溺した。扇情的で熱く、共感とは無縁の感覚の中に、はらりと情感が湧く。こういうのは単純に感覚的なものなので、私にとっては詩歌を愉しむのに近いのだと思う。素晴らしかった。2012/04/20

Sunlight

3
共作ながら15年ぶりに筆をとったいとうせいこうの円熟味あふれる文体が良い。佐々木中氏は初めて読んだが、端的に読みにくい文章だった。2012/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4606146

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。