野川

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

野川

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 19時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 171p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309019956
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

両親の離婚により転校することになった音和。野川の近くで、彼と父との二人暮らしがはじまる。新しい中学校で新聞部に入った音和は、伝書鳩を育てる仲間たちと出逢う。そこで変わり者の教師・河合の言葉に刺激された音和は、鳥の目で見た世界を意識するようになり…。ほんとうに大切な風景は、自分でつくりだすものなんだ。もし鳥の目で世界を見ることが、かなうなら…伝書鳩を育てる少年たちの感動の物語。

著者等紹介

長野まゆみ[ナガノマユミ]
東京都生まれ。1988年「少年アリス」で第二五回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

98
とても心が和みました。都心から郊外の学校に転校してきた少年・音和の2学期を丁寧に描いています。優しく接する先生や先輩との交流が、美しい自然と相まって爽やかさを彩っていました。自然に満ちた世界が美しい。先生が本を読むことの大切さを語るのも素敵です。悪が存在しない世界が物語全体を優しい雰囲気に作り上げていると思いました。2016/01/17

おいしゃん

80
著者初読み。登場人物に派手さはないが、一人ひとり魅力がある。その中でも、野川の成り立ちや、東京の地形について、真摯に教える先生に人気が集まりそうだが、ませた主人公に対し、多くを語らずとも安心感を与える父が素敵だった。手軽に読める良本。2015/03/18

ゆみねこ

61
両親の離婚で2学期から都下の野川の崖地にある中学校に転校してきた「井上音和」。自然豊かな野川の風景、教師河井の語る様々なこと、新聞部と伝書鳩。春生まれの若い鳩「コマメ」とともに少しずつ成長する音和が愛おしくてたまらなかった。じんわりと感動をする良書だと思います。2014/03/31

hirune

60
新聞部の活動が伝書鳩の世話と訓練とは面白い。ヒナの時巣箱から落ちたせいで飛べない若鳩のコマメに飛び方を教えようとアスレチックのネットに手をバタつかせながら飛び降りる中学生達、可愛いなぁ☆いろいろな問題を抱えた中学生達も人の話しや書物からの知識を吸収して、コマメのように自分で羽ばたいて飛ぶことを覚えなくちゃならないんだ。河井先生の視線は生徒に向いている、生徒に語りかけることのできる良い先生ですね。2014/12/05

カピバラ

53
もっと先まで読んでみたいなと思わされる一冊。お父さんが事業で失敗して、離婚し、田舎へ引っ越してきた少年のお話。なにより、チラシの折り込みのくだりで垣間見えた、お父さんと子どもの絆が素敵だった。2015/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/605739

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。