虫に追われて―昆虫標本商の打ち明け話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309019031
  • NDC分類 486.04
  • Cコード C0095

内容説明

「あのカワムラが捕まった」…インド、ダージリンでの拘束生活、エベレスト初登頂のシェルパ、テンジン一族や、セブン・イヤーズ・イン・チベットのハインリッヒ・ハラーとの出会い。そして昆虫を巡る素晴らしい趣味人たちとの交流―昆虫家の汗と涙の冒険実話。虫にまつわる面白い話満載。

目次

第1章 タイガーヒルに始まる(よみがえる記憶;私の原点;昆虫標本への思い ほか)
第2章 昆虫家の「インド獄中記」(八年間の成果;突然部屋に踏み込まれ…;長い取り調べ ほか)
第3章 昆虫を巡る人々(インドから帰って;昆虫家の善意;幸せな生活 ほか)

著者等紹介

川村俊一[カワムラシュンイチ]
1960年、東京生まれ。成蹊大学文学部卒(文化人類学専攻)。昆虫採集を一番の遊びとして育つ。そのまま大人になり「昆虫標本商・川村俊一」を営み、現在に至る。中学時代を過ごした香港で毎日熱帯の蝶を採り、20代からスリランカ、インド、フィリピン、メキシコ、キューバ、パプアニューギニア、ヨーロッパ各国など、世界中を駆け巡って珍蝶を追い、研究を続けている。仕事柄「昆虫を集める人々」への興味も尽きず、その精神構造と生態の観察も研究テーマである。愛犬家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。