吾輩のご主人―天才は猫につくられる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309018218
  • NDC分類 280.4
  • Cコード C0095

内容説明

九人の愛猫家列伝。

目次

天馬空をゆくエコロジーの巨人―南方熊楠
猫と聖書と広辞苑―稲垣足穂
日本人の心の種を播く―岡倉天心
セロひきのゴーシュ―茂田井武
俗塵に染まらぬ自然児画家―熊谷守一
猫に祈る―春日部たすく
猫にオシッコをかけられても―津高和一
君たちは猫でよかったね―アブラハム・リンカーン
羊頭狗肉ニッポン亭を射つ―シュヴァイツァー博士

著者等紹介

原口緑郎[ハラグチリョクロウ]
1940年神戸市生まれ。英国ケンブリッジ大学で検定・CCEに合格。教職について後、中東でコンサルタント業務に従事。1994年、世界で唯一の大人感覚の、猫を題材とした新聞、月刊『ねこ新聞』を創刊。一年後、病気で倒れたが、約六年後、病をおして復刊。車椅子編集長として現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダンスにホン!ころりん

1
200705230初版発行 130223読了 猫に招かれて出会えた良書だった。 南方熊楠 稲垣足穂 岡倉天心 茂田井武 熊谷守一 春日部たすく 津高和一 アブラハム・リンカーン シュヴァイツァー博士2013/02/23

月猫

1
作者(ねこ新聞編集長)も含め、みんな素晴らしい人たちです。特にリンカーンやシュヴァイツァー博士は、人間の理想の姿ですね。ちなみに『ねこ新聞』はずっと購読中です。2012/07/14

メルセ・ひすい

1
9. 05  赤8-174 ねこ新聞 南馬込一丁目の変!  どういうわけか・粘菌さま・南方熊楠 談書く???  歴史の裏面に潜む「猫」との感動的な出会いを発掘。南方熊楠、稲垣足穂、岡倉天心、茂田井武、アブラハム・リンカーン、シュヴァイツァー博士ら、道を極めた人々と猫との関わりを綴る。『ねこ新聞』連載をまとめたもの。2007/07/04

faux-stendhalien

0
世界で唯一の、猫を題材した文学の香り漂う新聞「ねこ新聞」の編集長・原口氏の著作。9人の天才を猫との逸話を絡めて紹介する、というのが本書の体裁ですが、猫に関連付けて一般知名度は低いが変人と紙一重の魅力的な偉人を世に知らしめる、という役割を果たしていることに個人的には喝采。特に、南方熊楠、稲垣足穂は「どうかしてる」タイプの天才で、その人生について読んで興奮しました。2人とも無類の酒好きである点も、「斗酒なお辞せず」を口ぐせにするほど酒を愛する著者に響いた点なのでしょう。同じく酒好きの私にもこの本は響きました。2017/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/320400

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。