嚥下障害診療ガイドライン〈2018年版〉

個数:

嚥下障害診療ガイドライン〈2018年版〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月24日 22時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 88p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784307371216
  • NDC分類 496.8
  • Cコード C3047

目次

第1章 序論(本ガイドラインについて;対象患者)
第2章 総論(問診;精神機能・身体機能の評価;口腔・咽頭・喉頭などの診察 ほか)
第3章 Clinical Question(CQ)(認知障害は嚥下機能に影響を及ぼすか?;気管切開は嚥下機能に影響を及ぼすか?;嚥下機能評価に簡易検査は有用か? ほか)

出版社内容情報

大改訂で大幅アップデート! 総合的な診療指針がここに完成!6年ぶりの大改訂で、アルゴリズム、総論やCQなど、全編にわたって大幅にアップデートされた。
2012年版の「耳鼻咽喉科外来における対応」という枠を外した、嚥下障害の総合的診療指針が完成した。
解説項目は最新の内容に更新し、基礎知識のブラッシュアップに効果的。
CQ数は11から14に増え、より細かく診療に対応できるような問題設定がなされた。
付録DVDでは、嚥下内視鏡検査・造影検査動画がみられる。総合的かつ実践的なガイドラインに仕上がっている。

一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会[イッパンシャダンホウジンニホンジビインコウカガッカイ]
編集