仮病の見抜きかた

個数:
  • ポイントキャンペーン

仮病の見抜きかた

  • 國松 淳和【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 金原出版(2019/04発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2021年09月21日 22時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784307101974
  • NDC分類 492.1
  • Cコード C3047

内容説明

突然の酷い腹痛を繰り返す「捨て猫のような眼」をした若者。かつて暴走族・ブラックパンサーのメンバーだった彼は、その粗暴な風貌と振る舞いから周辺の病院からブラックリストに入れられてしまう。多くの医師や看護師はその腹痛自体が嘘で、「仮病」ではないかと訝しんでいた。そんな中、他院から半ば押し付けられるようにして、彼は「私」の外来を訪れる。総合内科医である私は彼の話を聞き、ある一つの仮説を導き出す。エピソード「クロ」ほか、10篇の短編小説が織りなす異色の医学解説書!新鋭の医師が医学のタブーに挑む。

目次

1 クロ
2 こころの歩き方
3 曖昧色の季節
4 蟻の穴
5 Flyer
6 Rockin’ Life
7 思春期の前提
8 透明なモノサシ
9 モンスター
10 太陽の声

著者等紹介

國松淳和[クニマツジュンワ]
医療法人社団永生会南多摩病院総合内科・膠原病内科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Cambel

33
7月に読了したのですが、記録するのを失念。今日の日付として登録する。本書はいわゆる医学書と小説を混ぜ合わせたような本。実際、医学書を出版する会社から出ている。具体的には「嘘をついて病気のフリをしてる」のを見抜くテクニックではなく、「胸が痛いのに、うまく説明できずお腹が痛いと言ってしまう」とか、症状が教科書通りじゃなくて、診断がつかない患者を医師たちはどうやって救うのか。例えればNHKの『総合診療医ドクターG』を物語的にして医師の心の声やオフの顔も読めるようにした感じ。診断エンターテイメントになっている。2019/08/06

プル

32
フィクションに経験をおり混ぜての内容。全くこの領域に触れることない人でも、読み方の指南を最初にしてくれています。仮病とみられてしまう人たちをどう診ていくか、仮病とされてしまうにはちょっと疑問が残るのにどう落とし所をつけていくか、しょっちゅう来てしまう患者の外来回数が落ち着く方法も一部書かれています。素人でも面白く読ませてもらいました。仮病使って休みたいと思っている貴方には不向きな本です。あ、私だった。でも、面白く読みやすかったです。著者と思われる先生役、ちょいとカッコよすぎませんか(笑)?2019/06/17

Twakiz

30
これはいい意味で「ぶっ飛んだ本」である.誰に届けたい語りなのか?からしてよくわからない.現場での「あるある」な状況(多くの医師は「できれば関わりたくない」と感じるもの)にこのような視点と思考プロセスと振る舞いで対峙できる(フィクションと銘打っているが実情は著者の思考プロセスそのものだろう)方はそうはいない.それをこのような形で言語化できることはさらに離れ業だ.ほかの人が何事もなく切り捨てるものに心が引っかかる「臨床家」の言葉である.章タイトルや一言は「詩人かつ精神科医の友人の作」と聞いてちょっと安心した.2019/07/18

くさてる

21
おお、面白いぞ。ある症状を訴える患者を中心にした短いエピソードとそれを絵解きする解説とエピローグで構成されている連作集。医療従事者向けの内容だと思うので、専門的過ぎて分かりにくいところもあるけれど、それ以上に「病」「診断」「治療」の関係が解かれていく過程がスリリングでとても面白かったです。2021/02/13

teddy11015544

13
みなさんこれは灰色のページの部分は医学書ですので、そのつもりで読まないと難しいですよ。でも勉強になります。人間の認知と体の反応おそるべし。2019/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13741332

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。