臨床検査法提要 (改訂第33版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 1896/高さ 26cm
  • 商品コード 9784307050388
  • NDC分類 492.1
  • Cコード C3047

内容説明

測定値の診断的意義だけでなく、測定法の詳細と分析上の誤差要因を解説。検体検査はもちろん画像検査、生理検査についても基礎から臨床までわかりやすく解説。遺伝子関連検査は最新の解説を大幅に充実。POCT、新型インフルエンザ検査、薬物血中濃度測定法、薬剤代謝酵素遺伝子検査など最新の検査項目を掲載。

目次

臨床検査総論
尿・糞便検査
穿刺液・髄液・精液検査
臨床血液検査
血栓・止血検査
臨床化学検査
体液・電解質・酸塩基平衡検査
内分泌代謝機能検査
免疫血清検査
輸血・移植関連検査
臨床細菌・寄生虫検査
ウイルス・リケッチア・クラミジア検査
染色体検査・遺伝子関連検査
病理検査
消化器機能検査
腎機能検査
循環機能検査
呼吸(気管支・肺)機能検査
神経・筋機能検査
感覚機能検査

著者紹介

金井正光[カナイマサミツ]
信州大学名誉教授

奥村伸生[オクムラノブオ]
信州大学大学院医学系研究科医療生命科学分野教授

戸塚実[トズカミノル]
東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科先端分析検査学分野教授

矢冨裕[ヤトミユタカ]
東京大学大学院医学系研究科臨床病態検査医学分野教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)