幻想の平安文学

個数:

幻想の平安文学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 513p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784305708557
  • NDC分類 910.23
  • Cコード C0095

内容説明

作者名が明記される漢詩文や歌と異なり、物語は、作者とは別に設定された「語り手」が語ることが建前の、現実とは切り離された虚構的存在である。「作者」の存在そのものは直接には見えてこない。いわば物語自体が「幻想」を抱えている。また一方、老人を語り手に設定することで叙述そのものが相対化されて幻想は深まり、物語は自在性を獲得した。物語と作者、老者の語りを主題に、枕草子・源氏物語・寝覚物語を読み解いてきた著者の集大成!

目次

1 枕草子(枕草子の跋文―「書きつく」という行為をめぐって;動態としての枕草子―本文と作者と ほか)
2 源氏物語(声をあげる老者たち―源氏物語をひらくもの;末摘花覚え書き―異文化の体現者として ほか)
3 寝覚物語(寝覚人物小考―原本・中村本の対比による;宇治十帖と寝覚物語―作者と読者の問題 ほか)
4 物語と作者(「鼻」を茹でる―今昔物語と芥川龍之介;六条斎院物語歌合―物語と作者の関係 ほか)
5 書評・紹介(鈴木一雄校注 新潮日本古典集成『狭衣物語』上・下;須山名保子編著『和泉式部集(正続)用語修辞総索引』 ほか)

著者紹介

永井和子[ナガイカズコ]
1934(昭和9)年東京に生まれる。1957(昭和32)年お茶の水女子大学文教育学部文学科卒業。1960(昭和35)年学習院大学大学院(修士課程)修了。学習院女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)