野の花写真―撮影のテクニックと実践 デジタルカメラで楽しむ四季折々の草木

個数:

野の花写真―撮影のテクニックと実践 デジタルカメラで楽しむ四季折々の草木

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月17日 22時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784297102364
  • NDC分類 743.6
  • Cコード C2072

出版社内容情報

野に咲く花の撮影は、被写体を動かすことができないため、その植物に合わせた撮影テクニックが必要となる。また野の花に名札はついていないので、撮りたい花を明確にするための知識や、季節をのがすと撮影が難しいものも多く、開花時期など情報が必要になる。本書では、そういった植物図鑑的知識にも触れながら、独特のスタイル解説により初心者でも楽しく撮影法をマスターできるように考えられている。野の花撮影の基本から、季節に合わせた野の花それぞれの撮影テクニックまでを、美しい作例を楽しみながら学ぶことができる内容となっている。

内容説明

四季折々の草木の撮影をこの一冊でマスター!200種におよぶ草木の撮影地と詳細な撮影データを掲載。

目次

第1章 野の花に親しむ
第2章 野の花写真撮影のための準備
第3章 野の花を撮りに出かけよう
第4章 野の花写真スタイル講座
第5章 野の花四季折々撮影ガイド
第6章 野の花写真撮影のためのヒントとテクニック

著者等紹介

いがりまさし[イガリマサシ]
1960年豊橋市生まれ。関西学院大学文学部美学科中退。前後して、自転車で「日本一周笛吹行脚」。その後、リコーダーを神谷徹氏に師事。25歳の時、冨成忠夫氏の作品に出会い植物写真を志す。印刷会社のカメラマンを経て、1991年独立。写真家、植物研究家として、幅広いメディアに出稿活動を展開。被写体の発見を実演する、植物写真ワークショップを全国のフィールドで開催中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。