運命の方程式―医療不信の中で私のがんが治るわけ

  • ポイントキャンペーン

運命の方程式―医療不信の中で私のがんが治るわけ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 108p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784289025879
  • NDC分類 916

内容説明

現代医療に物申す。末期がんでも治るのに、早期がんでも治らずどんどん進行する。各種あるがんの中で自分がどのがんに罹患したか。運命の方程式を紐解けば、その治し方がわかる。

目次

くも膜下出血
子宮筋腫
里帰り
大腸がんと肝臓がん
薬剤感受性試験報告書
娘のこと
CT検査の怪
国立は法人化されても酷立
検査方法
法律の番人
運命の手綱の主
七・五・三 運命の数字
黙示
母の最期
名医
大学病院従業員たちの非常識
内科へ
自己流 がんの治し方

著者紹介

杉林みづほ[スギバヤシミズホ]
鳥取県出身、1948年生まれ。鳥取県立普通科高校卒業後、京都へ就職。三回転職。定職した会社では、販売・配達・労務・仕入・会計を同時にこなす。三代目にして親、兄弟のない夫に嫁ぎ、三回住居売買。ねずみの巣からうさぎ小屋へ。少しましなうさぎ小屋。そんな時代だった。子育てをしながら独学で洋裁の内助。パート先のスーパーでは、衣食住、各部門の仕事を体験。大津市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)