人生に卒業はない

個数:

人生に卒業はない

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 121p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286031002
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

日本一のもち米の産地である岩手県紫波町に生まれ、幸せな少女時代を送った著者。戦時下の昭和20年に看護婦学校を卒業後、助産師の資格も取得し、県立病院の産婦人科、国立病院の精神科などに勤務する。そこには、人生の師と仰ぐ恩師、患者をはじめ、様々な人との出会いと触れ合いがあった…。娘、そして今は亡き夫への思いなども綴った感動のエッセイ集。

目次

第1章 幸せな子ども時代
第2章 昭和の動乱期を生きて
第3章 助産婦としての再出発
第4章 子どもたちとの出会い
第5章 妻として、母として
第6章 感謝とともに

著者紹介

吉田誠子[ヨシダセイコ]
昭和2年岩手県に生まれる。仙台第三陸軍病院附属看護婦学校卒。仙台第三陸軍病院附属保健婦学校卒。県立盛岡病院付属助産学校中退(合格)。医療、保健、福祉の分野に54年間たずさわる。医療法人、国公立病院で総婦長、婦長、助産婦を歴任。定年後、社会福祉法人障害者施設で婦長兼総務課長を務める(一時期)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)