新解釈 羅生門―「いじめ」の視点から芥川を読み直す

新解釈 羅生門―「いじめ」の視点から芥川を読み直す

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 149p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286030944
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

国語の教科書には何故『羅生門』が載っているのか?名作に隠された極めて今日的なテーマをあぶり出す論考。

目次

下人はなぜ髪の毛まで奪わなかったのか―芥川竜之介「羅生門」の新解釈(序論;本論(老婆に動揺する下人;老婆をねじ倒す下人;チャンスをのがす下人;老婆の着物しか奪えない下人;復活する老婆、破滅へ向かう下人)
結論)
漢詩に魅せられて(漢詩との再会;漢詩のルール;漢詩実作;これからの漢詩)

著者紹介

神川仁[カミカワヒトシ]
1957年生まれ。東京都多摩市在住。20年余私立高校の国語の教員。2006年度から私立高校の事務員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)