患者学資料 この夏―乳がんとのおつきあい

個数:

患者学資料 この夏―乳がんとのおつきあい

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 147p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286027609
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

「どうして、私が!?」時に、途方に暮れたり、人知れず悩んだりしながらも、自分らしく病と向き合ったカウンセラーでもある著者。“患者”となったからこそ得られたもの、気づいたことが、この夏、確かにあった…。病巣の発見から診断の確定・告知、そして、治療による身体イメージの変容を経験していく過程で、最初の精神的打撃からどのように立ち直り、今ある自分をどのように受容していくことができるのか、自分自身の「悲嘆のプロセス」、その時々の気持ちを素直に表現しながら日記を綴った。

目次

しこり発見!
検査
迷い
入院生活
合併症
病理結果
これから

著者紹介

竹井和子[タケイカズコ]
東京都出身。ワシントン大学大学院修士課程修了。竹井発達心理研究所所長。発達臨床家として、子育て支援および家族へのカウンセリングを行う。また、大学等で「人間発達学」、「発達障害児・者の心理」、「発達障害児の早期療育」などの講義を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)