人間の記録<br> 榎本健一―喜劇こそわが命

個数:

人間の記録
榎本健一―喜劇こそわが命

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784284700573
  • NDC分類 775.2

目次

第1部 歩んだ道(生れた頃;悪戯っ子;腕白小僧 ほか)
第2部 想い出(地方公演;名古屋コーチン;酒 ほか)
第3部 悲しみと喜び(終戦;足の病気と手術;喜劇人協会設立 ほか)

著者紹介

榎本健一[エノモトケンイチ]
1904~1970。東京都生まれ。喜劇俳優、歌手。浅草オペラの柳田貞一に弟子入りし初舞台を踏むが、関東大震災で浅草を離れた後、喜劇の世界へ。その軽妙な動きと愛嬌のある表情で、一躍人気者に。エノケンの愛称とともに、「日本の喜劇王」と呼ばれ、大衆に愛された。オペラで培った音楽センスと独特なギャグの数々、テンポのよさで、新感覚の喜劇を作り上げた。脱疽による右足切断、一人息子の死、離婚など、私生活では不幸なことも多かった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)