幕末明治旗本困窮記―御書院番士酒依氏の日記

個数:
  • ポイントキャンペーン

幕末明治旗本困窮記―御書院番士酒依氏の日記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月27日 23時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 175p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784634152014
  • NDC分類 210.58
  • Cコード C0021

出版社内容情報

幕末動乱の時代に、武蔵国橘樹郡下菅田村に知行地をもつ幕臣の酒依氏は、御書院番士として、飯田橋に移居し、江戸城の警備にあたっていた。
天保の頃までは、世情が騒然とするも、中行事も執り行われていた。
しかし、ペリー艦隊の来航・上陸や長州藩との戦闘が始まると次第に追い詰められ、知行地の鈴木家に身を寄せるようになり、そして帰農することとなった。
家のものは、遊郭で働きもしたり、困窮を極めた。
本書は、幕末幕臣の史料が少ない中で、偶然にも鈴木家に残された史料をもとに、当時の幕臣の生活を興味深く描いたものである。

内容説明

外国船の来航、長州征伐そして大政奉還から戊辰戦争へ。激動の時代に翻弄された幕臣たちの日常を酒依氏の日記から読む。

目次

第1章 御書院番士酒依氏と知行地の村々(酒依氏の歴代当主;酒依氏の屋敷 ほか)
第2章 一二代当主清左衛門の日記から(天保という時代;清左衛門の家族 ほか)
第3章 日々の暮らしの中で(正月を迎えて;酒依屋敷での年中行事 ほか)
第4章 幕末動乱の時代の中で(ペリー艦隊の日本派遣;御書院番頭の上申書 ほか)
第5章 明治維新を迎えて(戊辰戦争の勃発;松山藩士が残した記録から ほか)

著者等紹介

西川武臣[ニシカワタケオミ]
1955年愛知県生まれ。明治大学大学院文学研究科史学専攻博士前期課程修了。博士(史学)。専門は日本近世・近代史。現在、横浜開港資料館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にきゅ

0
図書館。なかなか面白く読みました。幕末明治維新はドラマなのですが、この歴史のうねりには、翻弄されるしかないですね。2021/09/04

ウドのコーヒー

0
1200石の知行をもつ書院番士酒依氏の文政期からの日記をもとに幕末期の旗本の役務や生活などを描いたもの。領知である知行地の村落の村役人とのやりとりなどを通して、彼等の存在がなければ旗本としての成立(なりたち)もままならないことがうかがえる。この書の記述をみる限り、酒依氏が領知の領民を思いやるというそぶりは見られず、このような旗本領主も多く居たことを、改めて突きつけられたような気がした。2021/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18060119

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。