校正 大日本植物帯調査報告・図表

  • ポイントキャンペーン

校正 大日本植物帯調査報告・図表

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 2冊/高さ 27cm
  • 商品コード 9784283001398
  • NDC分類 471.7
  • Cコード C0060

目次

校正大日本植物帯調査報告
校正大日本本州・四国・九州植物帯調査報告(植物帯の解;位置;関係;異状;各帯の林況及び得失;樹木成長)
日本森林植物帯の明治期における調査研究について
ハインリッヒ・マイルの日本山林巡回とその影響について―田中壌日記を中心として
田中壌の林政的意見と調査の仕方―調査日誌・記録の遺稿から

著者紹介

田中壌[タナカジョウ]
安政5年7月兵庫県但島国出石郡出石町で出生。明治6年3月東京に出て、日本画家川端王章の門に入る。明治8年洋画家高橋由一の門に入門、絵画を学ぶ。明治10年1月内務省地理局御雇を拝命、山林課に勤務。山林局樹木試験場(山林学校)に入り林業を学ぶ。明治12年~20年日本植物帯調査とそのまとめに従事。明治14年農商務省御用掛。明治20年12月山形県技手。明治22年農商務省技手、宮城大林区署勤務。明治23年林務官補に任ず。明治25年我国植物帯調査完成の功を賞され恩賜を授けられる。明治26年5月北海道庁技師。明治26年11月内務省林務課長。明治28年正七位に叙される。明治30年5月殖民部林務課長。明治31年1月依願免本官。北海道造林合資会社を設立、技師長兼支配人として、養苗業、造林事業に着手。明治33年7月大日本山林会より有功銀章の贈与を受く。明治35年北海道林業会設立に努める。明治36年4月8日没