ミニチュア・スコア<br> シューベルト 交響曲第7番ロ短調D759(未完成)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ミニチュア・スコア
シューベルト 交響曲第7番ロ短調D759(未完成)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 12時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 95p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784276921788
  • NDC分類 764.31

目次

第1楽章 アレグロ・モデラート
第2楽章 アンダンテ・コン・モート
付 第3楽章のためのピアノスケッチ

出版社内容情報

シューベルトの名曲『未完成交響曲』のミニチュア版スコア。近年の研究成果を踏まえた気鋭の音楽学者による解説も読み応え満点。

今なお演奏会の人気プログラムのひとつであり続ける〈未完成〉にまつわる謎は、大きく二つある。なぜ作曲家はこの曲を2楽章で完結させたのか? なぜ初演が作曲家の死後、1865年まで持ち越されたのか? 気鋭の音楽学者として注目される解説者は、近年の研究成果を踏まえつつ、独自の視点に立ち、この曲の成立事情、中期の到達点としての位置付け、作品伝承と作曲者自身の評価、多様な出版譜の問題、等を周到に論じたうえで、楽章ごとに精緻な分析と大胆な解釈を展開する。本解説の、今までにない特色は、膨大な歌曲群を含む自作からのエコーや援用の指摘であり、かつ、次に続くロマン派作品への影響の言及である。

楽曲解説=堀 朋平/第1楽章/第2楽章/補遺〕第3楽章のためのピアノスケッチ

【著者紹介】
日本学術振興会特別研究員PDを経て、2013年東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了。博士論文『フランツ・シューベルトとロマン主義」により日本シェリング協会第10回研究奨励賞受賞。武蔵野音楽大学・国立音楽大学講師。