名曲悪口事典―ベートーヴェン以降の名曲悪評集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 428,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784276203761
  • NDC分類 760.8
  • Cコード C1073

出版社内容情報

古今の有名作曲家とその作品(ベートーヴェンからコープランドまで)の悪口、酷評ばかりを集めた事典。読み物としても楽しめ、音楽史の第一級の資料でもある。

【著者紹介】
音楽学者、事典編纂者、作曲家、ピアニスト、指揮者。とりわけ事典編集では名高く、『Baker's biographical dictionary of musicians』の編集に携わったことで知られている。

内容説明

天才の仕事はなかなか理解されない!音楽ファン必携!抜群の面白さ!悪評ばかり集めた類の無い事典。音楽史の貴重な資料であり、音楽批評の歴史が読みとれる。

目次

ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン
ベルリオーズ,エクトール
ショパン,フレデリク・フランチシェク
シューマン,ローベルト
リスト,フランツ
ワーグナー,リヒャルト
ヴェルディ,ジュゼッペ
グノー,シャルル=フランソワ
フランク,セザール
ブルックナー,アントン〔ほか〕

著者等紹介

スロニムスキー,ニコラス[スロニムスキー,ニコラス][Slonimsky,Nicolas]
1894~1995。音楽学者、事典編纂者、作曲家、ピアニスト、指揮者。作曲家としては、オーケストラ作品やピアノ曲を書いている

伊藤制子[イトウセイコ]
東京藝術大学大学院修了。専門は音楽美学、現代音楽研究。東京藝術大学、東邦音楽大学・同大学院、日本大学、静岡文化芸術大学講師

大田美佐子[オオタミサコ]
1968年東京生まれ。東京藝術大学音楽学部楽理科、学習院大学人文科学研究科ドイツ文学専攻博士前期課程修了。ウィーン大学音楽学研究所留学(オーストリア政府奨学生)を経て、ウィーン大学音楽学博士課程修了。「芸術の要請と社会的効果 1930年代へと向かうクルト・ヴァイルの音楽劇」で学位取得(Ph.D.ウィーン大学)。専門は西洋音楽史、音楽美学。神戸大学大学院発達環境学研究科准教授

栗原詩子[クリハラウタコ]
音楽修士(東京藝術大学)、芸術工学博士(九州大学)。フランス音楽史と並行して、20世紀以降の映像作品の時間体験について研究。これまでにファシナ『若いピアニストへの手紙』(共訳、音楽之友社)ボスール『現代音楽を読み解く88のキーワード』(音楽之友社)などの訳書がある。九州大学芸術工学研究院助教授を経て、西南学院大学国際文化学部准教授。日本音楽学会・美学会員

小岩恭子[コイワキョウコ]
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。修士論文「アーロン・コープランドにみるアメリカニズムの諸相」(2003)。青森山田高等学校通信制課程浜松校講師

古後奈緒子[コゴナオコ]
舞踊史・舞踊理論研究/批評、翻訳など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。