組込みソフトの安全設計 - 基礎から二足歩行ロボットによる実践まで

個数:

組込みソフトの安全設計 - 基礎から二足歩行ロボットによる実践まで

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年05月27日 21時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 272p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784274223747
  • NDC分類 007.61
  • Cコード C3055

出版社内容情報

安全性を組込みソフトウェアの設計に盛り込む方法を、基礎から二足歩行ロボットによる実践まで具体的に解説!
 本書は、組込みシステムのソフトウェア設計における安全性の確保(セーフティ・バイ・デザイン)を、OSを用いないワンチップマイコンのソフトウェアで具体的に解説する書籍です。
 コンピュータ搭載機器の機能安全を規定した基本となる規格として、IEC 61508(JIS C 0508)があります。また、ソフトウェアに関して、医療機器ではIEC62304(JIS T 2304)、自動車ではISO26262があり、家電製品や生活支援ロボットなどその他の分野でも、ソフトウェアに関する安全性の規格が整備されつつあります。すなわち、ソフトウェアの設計者にとって、これらの規格を正しく理解して、個々の製品の仕様にきちんと落とし込んでいくことが現在では必須となっています。
 しかし、規格というものはあらゆるケースを想定するがゆえに、一般的に表現が非常に抽象的で、個々の具体的な場合の取り組みの方法がわかりづらいものです。
 本書ではIEC62304の考え方を参考に、ワンチップマイコンのソフトウェアの設計で安全性を確保していく方法を、おもちゃの二足歩行のロボットを例として具体的に解説していきます。
 これからの組込みシステムのソフトウェア設計者にとって、必読の書籍です。