AVRマイコンとPythonではじめよう IoTデバイス設計・実装―AVRマイコンとオープンソースライブラリを活用してInternet of Thingsを実装する

個数:
電子版価格 ¥2,484
  • 電書あり

AVRマイコンとPythonではじめよう IoTデバイス設計・実装―AVRマイコンとオープンソースライブラリを活用してInternet of Thingsを実装する

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年07月24日 13時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 200p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784274217906
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3055

目次

1 IoTデバイス設計のための開発環境
2 IoTデバイスのハードウェアとインターフェース
3 IoTを構成するオープンソースソフトウェア
4 Pythonの設定と機械学習
5 Pythonを使った画像処理(OpenCV)
6 Pythonを使ってクラウド活用
7 Pythonを使ってスマートフォン活用(SL4A)
8 3つの音声認識(Windows、Android、Raspberry Pi2)
Appendix Pythonで簡単なGUIを作る

著者等紹介

武藤佳恭[タケフジヨシヤス]
慶應義塾大学工学部電気工学科卒業(1978)、同修士・博士課程修了、工学博士(1983)。南フロリダ大学コンピュータ学科助教授(1983‐1985)、南カロライナ大学コンピュータサイエンス学科助教授(1985‐1988)、ケースウエスターンリザーブ大学電気工学科准教授(1988‐1996)、慶應義塾大学環境情報学部助教授(1992‐1997)、同大学教授(1997‐現在)。研究分野は人工知能、機械学習、セキュリティ、IoT(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

IoTデバイスを設計する企業のエンジニア、電子工作ユーザを対象に、実例を交えてIoTデバイスの設計・実装を解説。

汎用CPUとオープンソースを活用して簡単にIoTデバイスを開発しよう!
 近年,注目されているIoTのデバイス製作のための解説書です。本書は、IoTデバイス設計の実践的な入門書として、IoTデバイスを設計する企業のエンジニア,電子工作ユーザを主な読者対象に,実例を中心にIoTデバイスの設計・実装をわかりやすく解説します。
 ハードウェアにはArduinoに使われている汎用性の高いAVRマイコンを用い,言語には初心者教育に定評のあるPythonを用います.AVRマイコンはWeb上にたくさんの情報がありますから初心者がつまずいても安心です.Pythonには多くのライブラリがありますから,機械学習や画像処理といった難しいアルゴリズムが理解できなくても実装可能です.
●本書のPoint
・AVRマイコン(Arduino)と各種センサ,オープンソースを活用することで,回路設計のノウハウだとか,センサの特性だとか,通信プロトコールだとかといったややこしい基礎知識がない初心者でも,数時間で,簡単にIoTデバイスが設計・実装できるようになる!
・Pythonライブラリであるscikit-learnやOpenCVなどのパッケージを利用して,中身が理解できない初心者でも,最近話題の機械学習や画像処理を簡単に実現することができる!

Chapter 1 IoTデバイス設計のための開発環境を整えよう
Chapter 2 IoTデバイスのハードウェアとインターフェイス
Chapter 3 IoTを構成するオープンソースソフトウェア
Chapter 4 Pythonの設定と機械学習
Chapter 5 Pythonを使った画像処理(OpenCV)
Chapter 6 Pythonを使ってクラウド活用
Chapter 7 Pythonを使ってスマートフォン活用(SL4A)
Chapter 8 3つの音声認識(Windows,Android,Raspberry Pi2)
付録 Pythonで簡単なGUI