横光利一欧州との出会い―『歐洲紀行』から『旅愁』へ

個数:
  • ポイントキャンペーン

横光利一欧州との出会い―『歐洲紀行』から『旅愁』へ

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784273035327
  • NDC分類 910.268

目次

「歐洲メモ」が伝えるもの―「旅愁」評価への課題
歐洲メモ(1・2)(歐洲メモ(1)影印
歐洲メモ(2)影印
歐洲メモ(1)翻刻・注
歐洲メモ(2)翻刻・注
「解説」「休養に来たのに休養は出来ぬ」―横光利一の「歐洲メモ」をめぐって)
論考編(旅の「愁い」と帰国後の「愁い」―横光利一の“時差”;横光利一とシベリア鉄道;メディアに映し出される“文学の神様”の歐洲紀行―一九三六年、横光利一の外遊とその報道をめぐって;自壊(滅)していく文明とともに―フランスの現実とテキストの生成
横光利一と中村光夫その西欧体験をめぐって
幻のポストモダン―『旅愁』とメタテクストとしての『歐洲紀行』
横光利一「旅愁」生成過程の考察―山形県鶴岡市所蔵「旅愁」自筆原稿をめぐって)
資料編 パスポート/自筆原稿「巴里から帰って」/渡欧年譜/『歐洲紀行』『旅愁』初出一覧

著者紹介

井上謙[イノウエケン]
1928年生、元近畿大学教授

掛野剛史[カケノタケシ]
1975年生、埼玉学園大学専任講師

井上明芳[イノウエアキヨシ]
1969年生、國學院大學非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)