近世文学論叢

個数:
  • ポイントキャンペーン

近世文学論叢

  • 岡本 勝【著】
  • 価格 ¥38,880(本体¥36,000)
  • おうふう(2009/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 720pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 869p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273034979
  • NDC分類 910.25

内容説明

本論文集は、平成十九年三月十一日に六十八歳で逝去した岡本勝氏の遺稿集である。

目次

第1章 芭蕉とその周辺(交響詩『おくのほそ道』;木枯らしの句 ほか)
第2章 西鶴とその周辺(『好色一代男』の成立について;『諸艶大鑑』―遊興の世界 ほか)
第3章 宣長とその周辺(宣長と信綱―松坂の一夜をめぐって;近世出版の一側面―本居家関係文書を中心に ほか)
第4章 伊勢俳壇(伊勢俳壇;伊勢の談林時代 ほか)
第5章 書評・追悼(北岡四良著『近世国学者の研究 谷川士清とその周辺』;野田千平著『稿本系うづら衣本文と研究』 ほか)

著者紹介

岡本勝[オカモトマサル]
昭和13年(1938)三重県松阪市生まれ。昭和42年(1967)名古屋大学大学院博士課程単位取得。中部大学人文学部教授・愛知教育大学名誉教授・文学博士。平成19年(2007)3月11日逝去。叙位叙勲正四位瑞寳中綬賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)