英米文学における父の諸変奏―安田章一郎先生百寿記念論集

個数:

英米文学における父の諸変奏―安田章一郎先生百寿記念論集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月21日 16時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 372p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784269750692
  • NDC分類 930.26
  • Cコード C3098

内容説明

詩・演劇・小説・絵画、ジャンルを超えた今の時代の“父”の諸変奏。英米文学作品の中に現れる“表象としての父”を読み解く14編が、困難な状況に置かれた文学研究の今を問いかける。

目次

1 父との相克と和解(エリザベス一世の肖像画とヘンリー八世の肖像画との関係;父との葛藤から民族の使命へ―『フロス河の水車場』から『ダニエル・デロンダ』へ;愛する父の真実―ホプキンズと神のイメージ;物質主義者は詩人の父たりうるか―イアン・マキューアン『土曜日』)
2 問題を抱える父(反復・模倣・共振―『スペインの悲劇』における父親たちの悲嘆について;メルヴィルの家庭小説「私とわたしの煙突」―十九世紀アメリカの新しい父親像;顕在と潜在―ナボコフにおける父の形象)
3 変貌する父の表象(『メナフォン』における父たち;父帰る―近代初期英国における訓戒の書と『ハムレット』;ロレンスにおける父・身体・触覚―「盲目の男」を中心に)
4 父へと遡る(イェイツの想像力とロマン派の父;Fukushimaから『荒地』を読む;TSE@IAS―物理学者に囲まれたエリオット;オルソンの文学的「父」、ハーマン・メルヴィル)

著者紹介

鈴木俊次[スズキシュンジ]
1946年生。愛知学院大学文学部教授

滝川睦[タキカワムツム]
1959年生。名古屋大学大学院文学研究科教授

平林美都子[ヒラバヤシミトコ]
1951年生。愛知淑徳大学文学部教授

山口均[ヤマグチヒトシ]
1950年生。愛知学院大学教養部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)