エコクリティシズム研究のフロンティア<br> 資本主義から環境主義へ―アメリカ文学を中心として

個数:

エコクリティシズム研究のフロンティア
資本主義から環境主義へ―アメリカ文学を中心として

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年04月24日 15時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784269750340
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C3098

目次

第1章 アメリカの環境文学と環境主義・環境保護運動
第2章 資本主義・キリスト教・エコロジー―ミルトンと楽園回復ナラティヴ
第3章 多民族国家アメリカのグローバリゼーションと環境―クレヴクール、エマ・ラザルス、ホイットマン
第4章 ホイットマンと都市のエコロジー―マナハッタというユートピア
第5章 レベッカ・ハーディング・デイヴィスの「製鉄工場の生活」における移民工場労働者の環境
第6章 メルヴィルの「乙女たちの地獄」における女性工場労働者の環境
第7章 メルヴィルの「ピアザ」に見るアメリカの風景―グレイロック山と女性
第8章 ケープコッド文学に見るソローのフィンチへの影響―『ケープコッド』と『大切な場所』を中心として
第9章 ロマンティックな海からグローバルな共有地としての海へ―ロングフェロー、メルヴィル、イアン・ウェッド

著者等紹介

藤江啓子[フジエケイコ]
愛媛大学法文学部教授。大阪大学卒、大阪大学文学修士、ワイオミング大学英文学修士(M.A.)、大阪大学文学博士、ハーバード大学客員研究員、高知大学国内研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。